パンフレット 外装材 スウェーデンホーム

こんにちは。 姫路で輸入住宅を扱っていますスウェーデンホーム場長です。
今日は週末に請求したパンフレットが届いたのでその整理をしていました。
外装材と、照明器具のパンフレットです。
panhu new

基本スウェーデンの建物は外部 無塗装サイディング+北欧製スプルス貼り
+アクアグロス塗装が多いのですが、 Xクラス以降、木目調アップライトの
サイディングが多く、当初はヴァリエーションも少なかったのですが、今は
各メーカーがラインナップしてきて、選択の幅も広がっています。

こんな感じですよね。 当初はこのアップライトが多かったですが…
johoku 12 white



今はこんなバリエーションも…
a resid go x


y resid brown stone




基本的に構造を枠組壁工法にしていますので、断熱材は、外部合板とPBに
サンドイッチにされており、又、気密シートで施工しますので、壁内の
気密と断熱は確保されます。 ここに3重サッシが導入されるので、
非常に理に適った構造が完成するわけです。
body side


で、外装材はと言うと、胴縁と言われる下地材を外部合板に貼り、その上に
サイディング施工を行います。胴縁の下にはタイベック紙が施工されるので、
基本的に構造と外装は縁が切れているので、そこからの漏水や外装材の劣化に
伴う構造への影響は在来軸組み工法と比べると随分有利だと思います。

又、胴縁は通気層になっていて、外部合板の外側とサイディングの間に
上昇気流が流れ、構造の湿気による劣化を防ぎます。

外装材もバリエーションが増えていますから、セットアップも中々難しい。
しかし選択の幅が増えるのは良いことだと思います。
こちらもバリエーション増やさないと!!

輸入住宅はスウェーデンホーム

スウェーデンホームイベント情報
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する