キューパ色色

ども、スウェーデンホーム場長です。
今日はキューパについて…

キューパは膨らみって言う意味で、当社の特長を示す建物になっています。
時々、真似をして似たような建物を建てておられますが、ディテールを
考えずに建てておられるので、痛い建物が散見されます…(個人の自由ですが…)

本来は玉野みたいにほぼ真ん中にキューパをレイアウトするのが綺麗なんでしょうが、
最近は、バリエーションも増えてきました。

goch cupa
HPにも掲載させて頂いているキューパハウス。 真ん中に暖炉があるので、
1階の窓をやや小さくしています。 キューパ正面の窓の通りはセンター合わせ
特長はビビットな色目ですよね。

bluecupa.jpg
前から見たレイアウトはほぼ同じですが、色目が随分かわります。
HP掲載のN様邸です。 窓も1Fの正面が2LUFTなのでやや柔らかく写ります。

earthcolor cupa
ほぼ同じファサードの家。 同じく優しい色使いですが、石と色でイメージが違う。
下の窓もやや小さいので、吹き抜けの窓が大きく見えます。

cupa tanbasasa
サイドが無いパターン HP掲載のS様邸。 ここは暖炉があり、正面の窓も1Fと同様に
狭くしています。 上をスプルス 下を塗り壁にして、強弱をつけています。

whitecupa.jpg
5Mワイドのビックキューパ 迫力出ますよね。
オールホワイトで 特長のある仕上がりです。



細かいディテールだけど見え方は各々違う。
同じブランドのジーンズとトップスを買ったけど、着こなし方は人其々て感じです。
テクチュアの見せる内観や経年で美しくなる天井パインもですが、
こういう外観の家が経年を経て、格好いいクラシックハウスになるのが楽しみです。


すうぇーでん
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する