It is seven years since I engaged in casty showhouses.

ども、姫路で輸入住宅を扱っていますスウェーデンホーム場長です。
早いもので、このGWでキャスティー展示場は築7年を迎えました。
今日も数えていましたが、約150件のお客様にご成約を頂き…

えらいもんです… 年をとるのが早いはずです。
ボクも岡山以降この商品に従事して早8年… もっと前から
やってる気もするんですが…

facade old casty
7年前のキャスティーです。 最初は赤色だったのです。


facade new casty
今は3年前に青色にしました。 左端のモミの木はすぐに枯れて、ドイツトウヒになった…
タマリュウもおおきなったなあ…



secondliving old casty
まあ、これは当社のよくあるフレーズですが、当初の天井パインですな。
最初はこんな感じで白かったんですね


secondliving new casty
随分焼けて格好よくなった。 綺麗ですよね。


master bedroom old
当初はアースカラーベースでボヤっとしたいめーじでした。
主寝室です。


master bedroom new
一転、アイリッシュグリーン基調で、白ステインをあしらった腰板と
サンドブラストフロアに変わってしまった…
白ステインの窓がやや焼けてるのがわかりますでしょうか…

個人的な意見ですが、スウェーデンの家は古いほうが格好良い。 
やや薄汚れたスプルスの風合い、パインの飴色…
やや反った1枚板のフロア、グラデーションがキツくなるメルバウシップ…

やや履き込んだジーンズのテイストや コットンの風合い、
適当な馴染み感と 素材そのものの質感って感じかなあ…

それって多分、万民の方に受け入れられるものではないのかも知れませんが、
魅了されるものなんですよね。



すうぇーでん
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する