technics & experiences

ども、姫路 加古川 神戸で輸入住宅を扱っております。スウェーデンホーム場長です。
これは、約7年前にお客様にご提案していたCGです。
sample protocupa
ソフトそのもののパフォーマンスの低さをオペレーターのテクでカバーしてるって感じで…
窓の中に室内が写りこんでいたり(SWの場合ブラインドがあるからそういう風にならない…)
形も玉野モデルチックなシンメトリースタイルです。

実際、ほぼこれと同じ状態で建てて頂いたのですが、基本的シルエットで売っていると言うか…
CGそのものも、当時は導入したばかりのソフト故に使いこなせず、外部に外注してました。
1枚いくらでお金を払ってたので、作る側も必死だし、僕らもお客様に何枚も提案でいませんでした。

このCGを見ても、細かいエレメントの指示を出して、もっと綺麗に今なら出来ると思う…
当時としては、これでもかなり頑張っていますが…

sample avdanced
2年前くらいのCGです。 エレメントが凄く良くなって、車や植物が凄いリアル…
徐々に技術の進歩もあるし、恐れながら、数をこなさせて頂いて出来る事もあるし
判る事もあります。 帯の太さ、窓の板金、位置や細かい収まり…

キューパが真ん中に来ない方が綺麗な場合もあるんだって事も…
やってみて初めて気付く事です。

いつも言う事ですが、基本的なシルエットの美しさと細かいエレメントのレイアウトで
全体のバランスが整うと思うのです…
それにはやっぱり数をこなさせて頂き、見えてくるものがあります。

建築屋である以上、技術も大事な要因の一つです。
そう思い、日々スキルアップしようと思います。

スウェーデン
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する