FC2ブログ

和風スウェーデン

外観

これは和風のお寺に建てたスウェーデンホームです。
瀟洒な武家屋敷の一角にあり、概観も通常のスプルスを
1階に、塗り壁を2階に配し、”蔵”っぽく仕上げています。

実はスウェーデンの家作りと、日本の家作りは似ていて、
木をふんだんに使った作りだったり、天井に木を貼ったり、
湿度に対して敏感なのも同じ特長です。

ただ、SWは壁に湿気を入れない作り、和風は入るけど出る作り。
ようは、高気密、高断熱と言う意識は本来日本には無い概念なんです(僕の所見)
まあ、マイナス30度になんてならないから、当たり前なんですが…

ただ、最早亜熱帯と化した昨今の日本において、クーラー無しの家と言うのは
最早、不可能なんですねえ… よって、今後はおそらく、高気密、高断熱が、
”夏を以って 旨となす” 家作りになるんでしょうね。

直営施工が自慢の、昭和住宅なので、当然和風も出来るのですが、
土壁、杉板貼りの住宅が長く持つのと、SWが長く持つ事は、
ある種、共通事項なんです。

詳しくは、スウェーデンホームのHPをご覧下さい。
スウェーデンホームジャパン
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する