気密と湿度

ども、久々にウンチクるスウェーデンホーム場長です。
高気密、高断熱と言われてもうずいぶんですが、我々は機械じゃないので、
生きてる限り、生活してる限り水分が発生します。

人間自体、発汗するし、風呂に入ると湯気が出る。 炊事をすると湯気が出る。
家の中は湿気だらけなんです。 
だから換気するわけですが、湿度が無くなると、風邪をひきやすい。
のどが痛い、肌があれる・・・
(まあ日本の換気システム導入の原点はシックハウスだからずいぶん意味が違うが…)

でも、湿気は家にとっては、特に高気密住宅にとっては良くない。
腐朽菌が活動しやすい、結露の原因になる・・・

要は室内から湿気を無くせば家のためにはいいが、人間に悪く、
逆もしかりなんです。

ですから、当社では、天井に無垢のパイン材を貼り、湿気を吸って吐いてさせて、
適度な湿度を調節しています。
だから、フッツーの家と比べても室内での加湿には対処しやすいんですね~
しかもその内部(構造)は気密シートでしっかり守っています。

よって化粧材の収縮はあるが、構造においてそれは少ない訳です。

天井パインは見た目も格好いいですが、実は調湿という大事な役割を担っているのです。

高気密高断熱で、家の中はビニールクロスと合板の床…
これは最近のハウスメーカーにありがちな家の体ですが、一体どうやって調湿するのか・・・
むしろ結露を助長してるだけなんですね~
だってビニール袋の中で湯を沸かしてるようなもんだから…

ちなみに当社標準使用のパイン材を天井に貼った場合、35坪でざっと
一升瓶2ほん分の水分を吸収してくれます。

冬になると、外気が乾燥し、家の中を加湿したくなりますが、その副産物
結露にも3重サッシがしっかり対処します。

こんな理屈っぽくもアナログに見えるナイスな家
それがスウェーデンホームなんです。
7Ssama吹き抜け

swedenhome
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

No title

スウェーデンホームの天井パインには凄い力がありますね!我が家も実感しています。

今年もおねがいします

河内の… 実は昨日も河内でした。
最近、よく行くんです…
今年も宜しくお願いします。

河内の… ブログも期待してまーす。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する