お客様の家の近くで…

今日は営業で廻っていたら、ある碑を見つけました。
大江島地蔵様です。

oeshimajizo2.jpg

多分、大江島って言うくらいだから、昔は島だったんでしょうね。 今も運河のように小さな川が
入り組んでいて、さながら、ベネチアのような感じ… 倉敷の茶屋町って感じ…

大江島は昔天領だったらしく、蓮池が多く、今も沢山栽培されています。

oeshima jizou1
1556年に没した 現在揖保川町の城主の先祖を祭る為に建てられたお地蔵様らしいです。
1556年と言えば戦国時代の真っ最中です。 桶狭間の戦いが1560年ですから。
赤松(播磨 龍野 夢前)、浦上(室津)、宇喜多(美作)、三木(英賀)と
群雄割拠の時代だったんですが、揖保川の 肥塚氏は初耳でした。

意外と知らないんですよね。
僕の高校時代の通学路だったんですが、ちょっとこうやってわき道に逸れれば
素敵な歴史が顔を見せてくれます。 

高校時代って嫌な思い出が多く、高2まで丸坊主だったり(校則)
停学になったり… こちらへ足を向けるのが億劫だったのですが
今度ゆっくりこの辺歩いてみようかな?

すうぇーでん
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する