FC2ブログ

市役所でもらった姫路の歴史

火曜に久しぶりに姫路市役所の本庁に行ったら、玄関に一杯パンフがありました
色々あったのでもらって来ましたが、その中にこんな物がありました。
千姫 
千姫 です。 千姫は 2代将軍秀忠の娘で、お母さんは江の方(淀君の妹)
よってお婆さんは信長の妹 市 で、お爺さんは浅井長政な訳です。
よって、義理の叔父が豊臣秀吉で、大叔父が織田信長… 凄い家系だな…

で、彼女実はバツイチで、前の夫は何と、豊臣秀頼… 秀吉の一人息子です。
って事は義理の叔父が義理の父にもなってるし、秀頼と千姫は従兄弟同士なんですね…

で、彼女は大阪夏の陣で、豊臣家が滅ぶのですが、その時、大阪城より救出されます。
家康は可愛い孫娘の千姫を助けた者に、千姫を嫁がせると言う約束をし、
狂将 坂崎直盛が助けますが、何故か姫路藩藩主 本多忠刻に嫁ぎます。

忠刻は徳川4神将の筆頭 本多平八郎忠勝の孫で、伊勢桑名から姫路へ転封していました。
その姫路へ (千)姫が来たから、姫路なんて話もあるくらいなんです。

千姫の化粧料(持参金やね)で建てたのが姫路城の西の丸とも言われています。

普段は姫路城の壮大な天守閣に目が行きがちですが、大改修の間も西の丸は
立ち入り可能みたいですので、一度いってみようかな…

千姫は、姫路に嫁に来ますが、すぐ忠刻は死んでしまいます…
で、これはふと思ったのですが、よくよく考えると
姫路城は千姫の大叔父&前夫の父、太閤秀吉が建てた城なんです…

彼が一気にスターダムにのし上がる、中国大返しの根城になる場所がここ…
遺恨のある姫が安穏とした生活を送れなかったのは、何となくわかるような…

siro.jpg
で、千姫様の伯母の嫁いだ池田三左衛門が築いた姫路城は今、平成の大改修に入ってます。
先ほど、T君とDMを郵便局に持っていった時に撮りました。

姫路城、ゆっくり又いってみたいな。
すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する