FC2ブログ

勉強会@スウェーデンホーム

確認申請メモ
やや古いですが… 今、毎週火曜日早朝に行っている勉強会のテキストです。
建築予定地が多岐に渡る注文住宅の場合、事前の法的チェックと、物理的要因
(道路巾、電柱、水道など…)のチェックは非常に大事です。

基本的に分譲地の場合、建築する事を大前提にしているので、建てられない!!
なんて事はないのですが、注文住宅の場合、おうおうにしてあるのです。

よって敷地調査をしながら、法的に、又物理的に照らし合わせるのです。

我々が若い頃はサバイバルに全部実践で覚えたものですが、今は中々…

この中に心に残るフレーズが入っています。

1:現地調査
  過密な都市環境では、境界 道路 給排水 日照等の問題で思わぬ苦労を
  することがある。
  しかしこれらは個人の生活に関わる問題でもあり、建築基準法以前の問題でも
  あるので、強引に進めるわけにはいかない。
  現地を見て、どこに問題があるのか、大体の見当をつけておくと、
  申請の難易の予測もできる。


他にも色々あるのですが、受注の契約を頂いて利害が成立する工事請負の場合、
申請業務という内容の一部に営業活動も入ると思います。
法規制に合致しているか? 若しくはどんな法規制がある地域でどんな手続きが
必要か? それに付加して、1 の内容が加わってくるわけです。

面倒くさいと思うか、やってみると楽しいと思うかで随分内容は変わってきます。
昔、お世話になった設計事務所の先生のよく仰るフレーズに
”ややこしい案件は勉強や思うてやってます” がありました。

ややこしい中に心理や改善の鍵はつまっていると思います。
日々、勉強です。

すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する