FC2ブログ

寺院と教会における建築との関わり…

ども、場長です。 最近ネタが無い…
社会の先生落ちこぼれの私的には、建築と寺院、建築と教会
ようは宗教と建築は切っても切り離せないものと考えます。

飛鳥文化に代表される法隆寺(最古の木造建築)
天平文化の東大寺 薬師寺…

ルネッサンス期、バロックの最高傑作サンピエトロ大聖堂…

個人の権威を反映させるが如く建てられる物も多いですが(城郭)
実際宗教と言う神秘的な、崇高なものに対して建築家が力を込めたんでしょうね。

KIYOMIZU TEMPLE
木造の柱を貫でからめて組み上げた清水寺。
筋交いは… 無い(当たり前か)
当時でも屈指の構造計算をしながら造ったんでしょうね。

ST MARIA
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂です。
ベネチアの玄関に位置し、教会としてはバジリカなので上位にはないですが、
シンメトリーな美しさが忘れられません。

ST PETERS
カトリック建築の最高傑作の名に相応しい、サンピエトロ大聖堂。
ラファエロ サンティから ミケランジェロ ブロオーナティーとルネッサンスの雄
二人からバロックの雄 ジャン ロレンツォ ベルニーニに引き継がれ竣工した
堂々たるファサード。

で、住宅ってどうしてもこういう建築物がデフュージョンされて出来たのかなって思います。
となると、信仰と暮らしっていうのはもう少し科学が発達する前は身近なものだったんでしょうね。

僕が留学していた先はアメリカの東海岸で、アイルランド系の家にステイしていました。
よってカトリックで、日曜日は朝から教会でした。

そりゃ総本山サンピエトロ大聖堂程の神秘的な雰囲気と勇壮な建築のミックチュアではないにせよ、
パイプオルガンとバロック調の空間には感動しました。

学生時代、アメリカのツーバイの住宅に住んで、その快適さを感じ、
日本の土壁の家に育って、座敷の設えに関心を持ち、
日本の寺院に、アメリカ カトリックの教会に触れ…

そう思うと建築に携われた事に感謝します。 
しかし、建築物… ゆっくり見て廻りたいなあ~


すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

No title

いつか二人で行きましょう!
約束です。

No title

行きたいです!!
しかも仕事してる内に行かないと
仕事に反映できないんだよね~

どこでもドアが欲しい~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する