FC2ブログ

熟成の旨さ 美しさ

以前にちょこっとお話しましたが、学生時代少しバーテンダーをしてました。
高校時代はガススタでバイト(校則では禁止でしたが… お金が無いのは今も昔も同じ)
大学時代は… 家庭教師、郵便局、鳶職人、洗い屋(ハウスクリーニング)まあ、色々しました。

現場仕事が好きだったのですが、副業だったダンスで靭帯を悪くしてからは、
ややクールダウンしたバイトになり、それがバーテンだったわけです。
とは言うものの お喋り50% お酒作り50%な訳で、あんまし大したバーテンじゃない。

酒なんて飲めて酔えたらいい なんてお客様も多く、そんな場合は ”ハウスボトル” な訳で、
所謂 飲み放題って奴ですな。 ウィスキーなら ”角” とかブランデーなら ”VO”
なんておっそろしい安酒なんです。

そもそもブランデーはワインをオークの樽で寝かせて熟成させたものを蒸留したもんなので、
熟成期間が長いほどまろやかになると言うか、酸味がとれると言うか…

で、VSOPとは5年寝かしたもの。 XOは7年寝かしたもの。
飲み比べてみると明らかに違う。 円熟味が違うわけです。
(それまではボトルが違うだけと思っていた)

経年して始めて出る旨みって奴ですな。 バリ物とは違うわけです。

これは実はスウェーデンホームの天上パインも同じ…
無垢材だから、経年して出てくる美しさがある…
RSK dining
これは岡山RSK展示場のダイニング。 
オープン時のデータだから多分竣工間もない時かな。
約10年前の写真です。


rsk 7year
で、これが3年前のリニューアル時のパイン。 
露出が違うから一概に画像で対比はできないですが
PH5のペンダントを比較すれば明らかに焼けて、色が濃くなり
又、同時に艶やかになっているのが判りますよね。

多分これで新築経過後7年… ブランデーで言えばやっとXOって事ですね。
これは木というテクスチュア全てにいえることですが、完成時がベストじゃないんです。
構造材は伐採後10年でやっと本来の強度ですし、このパインのような造作材も
これぐらいでやっといい感じなんですよね。

完成時が強度も美しさもベストの鉄やプレファブリケーションとは違います。
在来の住宅の構造材に無垢の柱を使ってたなんて多分僕達以降の世代の方は
知らないだろうけど、強い弱いは別として、経年の奥ゆかしさがありましたよね。

和室の天上の杉板のドス黒赤い焼け。 檜の縁甲板の紅が指すような赤さ。
スウェーデンの家には工業化された過程で失われた日本家屋の本来の美しささえも
再認識させてくれるのです。

XOのこの天上パイン… 今はヘネシーエクストラになってバカラボトルに
入ってる位、美しいです。

パインだけじゃないですが…

すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する