FC2ブログ

断熱材@スウェーデンホーム

dannetu.jpg
枠組み壁工法共通仕様書の中の断熱のパラグラフです。
断熱の内容は去年の次世代省エネ基準で随分緩和されたので、
僕は旧基準の仕様書をいつも携帯しています。

断熱という言葉は非常に定義が曖昧です。 僕自身思ってるのは
断熱ということは無くて、あくまでも、熱伝導率が高いか低いかの違いで、
いつかは熱は伝わっていくのです。 

よって高断熱=熱伝導が低い って事になります。

断熱材の種類も大きく分けて2つ。 繊維系断熱材と 発泡系断熱材です。
でも両方とも空気を閉じ込める為の物だから、結局断熱性が高いものは
”動かない空気” なのです。

繊維系断熱材はグラスウールやロックウールに代表される、布団みたいな断熱材。
施工も簡単だし、普及もしてる。 しかし気流が起こりやすかったり湿気やすい。
だからベイパーバリア(防湿層)を作り、湿気を防ぐ。

湿気を防ぐ=気流(対流)が起きにくい=静止空気層が作れる=動かない空気=高断熱
                  =乾燥空気層が作れる=動かない空気=高断熱

なんですが、次世代基準の変更でこのベイパーバリアは今、要らない。
枠組壁工法みたいにパネルパネルが一個の区画になっていてそこだけで繋がっていない層が
作れればいいんですが、

在来のように繋がってると、又外部に合板が無く通気層と分断されてないと壁内の空気は
移動し放題… これでも次世代断熱なんだよね~

だから在来の場合、空気の移動しやすい繊維系断熱材を発泡系に変える。
これが昭和住宅がやってるアクアフォームなんです。

発泡系は気泡一つ一つが空気層なので、乾燥空気層になってるし、静止空気層にもなってる。
しかも繋がる空間を埋めるので気密も上がる。

まあこんな感じですが、
当社は屋根、壁には繊維系断熱材のロックウールを使います。
繊維系ではグラスウールかロックウールしかない状態です。

ロックウールは岩を高温で遠心分離したもの(ようは岩を綿菓子にしたもの)なので、
湿気を含みにくい=結露しにくい なんです。

しかし岩だけに曲げたりするとバキッといっちゃう… しかしパネル工法なので、
曲げる事は無い(スウェーデンホームの場合)

しかも表に有るとおり、ロックウールは断熱性が高い( C区分)

で、床下は高性能フェノールフォームを使います。
これは、断熱性能が高いのも勿論ですが、床下は湿気がち。
当社は防湿フィルムの上、ベタ基礎を採用していますが、床下は床下
湿気るのです。 

そんな所に繊維系断熱材≒布団を使おうものなら
湿気ちゃうし、結露したらカビ発生!!ってかんじじゃないかな…

高断熱と高気密はセットにしないと本当の効果は発揮しません。
ここは、温暖化の中でも大事な所だと思うので、
今後も勉強します。

月末で、やや壊れ気味の場長のラリッたウンチクでした。
ごきげんよう~
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する