FC2ブログ

結露のウンチク@スウェーデンホーム場長

どうも、場長です。 冬になると結露が気になりますね。
高気密、高断熱と言う言葉が最近当たり前のフレーズになり、
何でもかんでもって感じなのですが、実はそこにもう一つのファクターがあります。

その名も ”結露” まあ、当たり前なんですが…
結露とは何ぞや? ですが、そう、朝起きたら家の窓がビッシリ露だらけ… あれです。

まず結露が起こる訳ですが… 大気(空気)はある程度湿気を持っています。
その大気が含める水蒸気の絶対量を ”飽和水蒸気量” といいます。

これは温度が小さいと小さくなります。
%であらわす湿度は、その温度の飽和水蒸気量と、
水蒸気量(絶対湿度)との比であらわします。

houwa.jpg

ですから上の表を見ていただくと判りますが、例えば気温20度で室内湿度が45%とだったとします。
気温20度の飽和水蒸気量は17.2gなので… 17.2*0.45=7.74gの水蒸気を含んでるわけです。

しかしこの飽和水蒸気量は温度が小さいと小さくなるので、
上記の7.74gの水蒸気を含んだ大気は
温度が下がるとこれを大気中に含みきれなくなります。 
そして、液化してしまう=結露です。

具体的に言うと、上記の状況の場合、
上の票を参照すると5度で6.79gですから6,7度くらいになると
結露するわけです。

で、この様なことが家の中でどう起きるかと言うと、まづ温度の低い所に
それは起きます。 北側の部屋とか、サッシのアルミ枠など… ガラスもそうです。

この結露… それ自体はべつに自然現象だからどうっちゅう事もないのですが、
問題は家が木で出来ている。 鉄で出来ている。ってことは腐るし、錆びるのです。

結露をキチンと躯体に近づけない状況や構造が作られていれば躯体に影響はありません。
ただし、室内の液化した水分はダニなどが繁殖しやすいですが…

で、この結露を無くすにはどうしたらいいかって話ですが…

①昔の和風の家にする(土壁に紙の障子… しかし激寒い)
②家の中の水分を無くす(石油ストーブや加湿しすぎない)
③温度差の起きる空間を作らない(間仕切りをあまりとらない)
④温度差の起きるテクスチュアを使わない(鉄やアルミ… 要は熱伝導率が高いもの)
⑤室内の温度差を無くす

こんな感じです。

高気密、高断熱というのは言葉は簡単ですが、実際に行うと今回説明している湿度の問題…
って感じで追求していくと、建築にこれでいいは無いと思うのです…

すうぇーでn
スポンサーサイト



コメント

No title

v-206こんにちは。いつも興味深く拝見させていただいております。スウェーデンホームさんのブラインド付きの外側アルミの木製サッシは、日本の高温多湿で雨が多い風土では理想的で大変魅力的ですが、ガラスが普通のガラスですよね? 内側の木製ペア部分が、最近の高断熱高気密住宅ではほぼ当たり前の標準装備になっているLOW-E、アルゴンガス仕様に変更となる予定は無いのでしょうか?

有難うございます!!

ご質問有難うございます!!
まずLOW-E仕様は御座います。
でも、LOW-Eって諸刃の剣っていうか…
要はサングラスですから、熱や光を遮るので、
夏はいいが冬は寒い…

夜サングラスかけたら見えないですよね。

ブラインドは最外部にあるので、夏は熱と光の
室内への流入を防ぎ、冬は開けておけば太陽光
が入ります。 よってLOW-Eはあまり採用される
お客様はおられません。 
ブラインドの方が可変性に富んでるという解釈です。

アルゴンにつきましては…
僕も輸入住宅は長く、北米系の樹脂&木や
樹脂のガス封入も使いましたが…

木はガス漏れちゃうんですよね…
北欧系の3重サッシ使ってるメーカーが
ガスを封入しないのはそれでだと思います。

オール樹脂は劣化きついし…

よって現在ガス封入の予定はありません。

私も入社16年が経ち、輸入住宅への見方も
随分変わりました。

それ以上は… 又お話しますね
有難う御座います。

No title

ご丁寧な回答ありがとうございました。ご指摘のとおり、ブラインド内蔵のサッシは夏にも冬にも日射に対して理想的な対応が出来るので、単純なLOW-E断熱やLOW-E遮熱よりも機能的に優れていますよね。あと一つ気になっているのですが、FIX窓やブラインド内蔵を希望しない位置の窓などは、木製2+アルミ1ではない通常のトリプルガラスの木製サッシも選べるのでしょうか? 開ける可能性が無い窓や、年間を通して殆ど日射が直に当たらない位置の窓などは、2+1よりもトリプルのほうが家全体のQ値やコスト等を考慮すると有利なような気がします・・・。

有難う御座います

FIX部分につきましては2+1のFIX窓があります
ただその場合ブラインドが室内に露出になります
仰るようにアルミクラッドの3重になるので、
Q値は上がります。

でもその場合前述した外部のブラインドではない
ので、本来の外断熱的なブラインドではなくなり
ます。

恐れながら、ここで説明しにくい部分もあるので、
HPの問い合わせ先から問い合わせください。

私のPCに来ますので…

いつも有難う御座います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する