FC2ブログ

燃焼効率

暖炉
暗い写真で失礼です。
昨日の夜に撮った展示場の暖炉です。
中では木炭みたいになった木が炎を出さずに赤くいこってます。

再々お伝えしていますが、この赤くいこっている下から外気が入ってきます。
暖炉の中は石鹸石がはりめぐらされており、中で薪を燃焼させると石が蓄熱します。
蓄熱すると、窯の中が熱くなりますので、上昇気流が生まれます。

上昇気流は燃焼後の二酸化炭素を円滑に外部へ放出します。
窯内は燃焼と上昇気流により負圧になり、益々酸素を引っ張ろうとします。
すると下から効率よく酸素が入ってきますから、その弁を絞ります。

でも酸素を引っ張ろうとするから下部の弁(五徳)の隙間から酸素が入り、
効率の良い燃焼状態が起こるわけです。

窯の中が蓄熱で熱いため、薪はまず炭にならず灰になってしましまいます。
最期の方になるとこんな感じで、五徳の下に炭を集めると、こんな風に
妖艶な明かりを灯し、灰になっていきます。

車で言うと吸気と排気を円滑に行うDOHCになっていて、燃焼の酸素を絞り燃費を良くする
リーンバーンになっていて、燃焼の混合比を随意に変えるEFIになっていて
可変バルブタイミングになっている感じです。

この火をみてたらあるものを思い出しました。
七輪
これも焼き物の窯が蓄熱するし、何と下に酸素を調節する蓋がついている…
小さい頃、炭をいこしておくようオフクロにいわれ、中々出来ず…
昔の人って凄いですよね。

スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 建築関係 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する