FC2ブログ

ご当地物… スウェーデンホーム

今日は、昼イチ設計のM課長とお客様と現場立会いでした。
M課長はSWのキャスティー、加古川、体験宿泊を設計した当社のMRスウェーデンです。
輸入住宅の腕前はおそらく姫路NO1だと思います。

よってM課長とお昼御飯を食べに行きました。
で、レジに ”姫路おでん”の事を書いてありました。
姫路おでんとは…

・ おでんに生姜醤油(しょうがじょうゆ)をかけるという、
姫路を中心に加古川~相生あたりまでのごく限られた地域の食べ方を、
2006年6月に姫路おでん探検隊が「姫路おでん」と命名しました。
(地元姫路では一般的な食べ方だったため、それまでは特に名前はありませんでした。)

食べ方の起源については諸説があるのですが、昭和初期に姫路の浜手地域で、
甘辛い関東煮(かんとだき)に生姜醤油をかけて
味を調整して食べたのが始まりではないかと言われています。

元々は、関東煮のダシを切って生姜醤油を上からぶっかけていたのですが、
その後、関西風の薄味(飲めるダシ)のおでんの登場と共に、
刺身のように小皿に入れた生姜醤油につけて食べる方も多くなってきました。

戦中・戦後の食糧難の時代に煮込みすぎ、
味が抜けてしまった おでんの味を補うために生姜醤油をかけるようになったという説
(闇市発祥説)が、これまで一番有力でしたが、
調べていくと少なくとも昭和10年頃には、生姜醤油をかけていた事が分かってきました。

70年以上続いている 姫路おでんの元祖的お店「かどや食堂」さんでは、
甘く濃く煮込まれた関東煮(かんとだき)の上から生姜醤油をかけるスタイルです。


で、僕もM課長も姫路の浜手の土着民族…
小さい頃から普通に食べていたので、今さら… って感じでしたが
改めて由来をみて、 ”おお~” って感じでしたね。

小さい頃は関東煮って言ってましたが、今はおでん…
黒くなった卵が不気味だった記憶が…

今、姫路には凄く沢山のスウェーデンホームが建っています。
岡山に続く第2位の施工棟数です。

ご当地住宅になって、尚且つ、近畿~全国へ… 行きたいです。


すうぇーでん
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する