FC2ブログ

英賀御坊@スウェーデンホーム場長

昨日現場確認に行ってきました。 姫路ローカルの私は、基本は全て抜け道です。
遠い親戚のK様邸に向かうには最強のショートカット道を使うのですが、その途中に
こんな風土の歴史が記してありました。

英賀御坊
これ、何だと思います。 英賀城の縄張りなんですねえ… 書いてあるとおり英賀は寺内町で、
城塞都市だったんです。しかも一向宗の… ようは石山本願寺と同じですな。
この頃の一向宗は一向一揆に代表されるように地侍などが混ざった自治された戦国大名
と同じようなもんですな。 

天正の頃は今より水位が高かったり、干拓がなされていないので、
海岸線がいまより入り込んでいる…

しかし凄いもんです。 完全な島そのものが城なんですよね。

英賀御坊2
結局、この英賀城は山陽本面軍司令官の羽柴秀吉にやられちゃうわけですが、
前に記した三木城の兵糧攻め以降、一向宗の力も弱まり、石山本願寺も和睦
で、この寺内町は秀吉に取り壊され、亀山御坊と 船場御坊に分寺されます。

これを真似て、石山本願寺跡を、東本願寺、西本願寺に分寺したらしいです。

秀吉って都市計画の天才だったんですね。

姫路城周辺にも、魚町 塩町 坊主町 小利木町なんて一杯あって、
これは、同業者の ”座” を作らせた秀吉の名残なんです。

近江長浜城を作ったときに行った事らしく、安土城を作る時に信長が真似た位です
(堺屋太一 著:秀吉)

播磨灘物語で司馬遼太郎も言ってますが、英賀一向宗の子孫である司馬が
それを攻略した黒田官兵衛を書くんだから面白いものです。
(司馬の父は広畑村出身なのだ)

最近スウェーデンネタが少ない…

スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する