FC2ブログ

秋が徐々に…

10月になって、上着の着用が会社で決まり、又、クールビズも終わりタイドアップになりました。
不思議なものでタイを首に巻くと引き締まりますね。(新しいネクタイが欲しい)

今日も、夕暮れを見ていたらあまりに見事すぎて又、好きな歌を思い出しました。

・寂しさは その色としも なかりけり 槙立つ山の 秋の夕暮れ (寂蓮法師)

・心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ (西行法師)

・見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ (藤原定家)

寂蓮法師は、藤原俊成の養子であり、藤原定家の一応義理の兄…
様は共に ”幽玄” を唱えた俊成の子供な訳ですが、この三夕の中では、
心なき… の西行の歌が最も幽玄に思えます。

全て三句切れ、体言止めなんですが、風景描写というか自然の中で詠んだ歌と言うか…
この歌(西行)と共に思うのがこの絵
晩鐘
ミレー の 晩鐘 です。 秋っぽいでしょ。 そしてどこと無く閑寂で…
オヤジがミレーが好きで、実家の玄関にこの絵があって(当然コピー) 凄く好きでした。
何かいいでしょ。 西行がマッチしません???

知らなかったのですが、ゴッホもミレーに影響を受けた人で、ミレーの”種を蒔く人”をモチーフに
”種を蒔く人”を書いたんですね。 凄い。
mirey tane
これがミレー

gogh tane
こっちがゴッホ

どっちも僕が好きな画家ですが…
秋っぽいのはミレーですよね。 あんましカラフルじゃないから

西行からミレー… 無茶苦茶なつなぎ方をしてしまった。



スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する