FC2ブログ

倉式 倉敷 スウェーデンホーム場長

最近 ”倉式” にはまりっぱなしのスウェーデンホーム場長です…
高梁川でウェイクサーフィンしてるから余計なんでしょうか…

表紙 倉

やっぱりこの冊子の素晴らしいところは、クリエイターが沢山出てる、作品が沢山出てる。
これだと思います。 クリエイターや作品は 時には熱く、時には穏やかに本というフィルターを通り
語りかけてきます。 それに気分が良くなったり、やろうと思ったりするんですよね。

住宅建築と言う、クリエイターの端くれとして、いつか、 ”倉式”に登場を目論む場長なのだ!

と思ってたら、部下のT… 倉式… 買ってました(実家に帰った際に買ったらしい…)
流石はクリエイター。 やるねえ。

で今回はニューヨークの写真
manthattan mono
まさにニューヨークって感じで…
僕が留学していたのはもう17年も前だから今は違うのかも知れませんが…

ニューヨークの光と影って話ですが、あそこは正にそういう場所なんです。
タイムズスクエアみたく賑々しい場所もあれば、ハーレムやブロンクスみたくデンジャラスな場所も…

SOHO見たく瀟洒なストリートもあれば、5THアヴェニューやパークアヴェニューみたく高級な場所…

ウォール街のような最先端の場所もあれば(9・11以降どうなったのかな)
キャナルSTみたいなドヤ街もある…

一言で言うと訳がわからない街なんだけど、アナーキーな訳じゃない。
多分未だに世界のトレンドは此処から発されているんでしょうね。

倉敷も元は湿地帯… マンハッタンもそうです。

倉敷にはクリエイターが多い… 何故だか考えてみると、工業、産業の街だから…
ジーンズの製造にはデザインがあり、学生服もそう、焼き物も、かつてのタタラ鉄も…
そのクリエイティブなDNAを持つ集団… 倉式…

宣伝でも何でも無くて、何かパワーを貰えます。 仕事頑張ろうって思えます。

実はマンハッタンもそうでした。 世界中の野望があそこには凝縮され、常にスクラップ&ビルド。
コンクリートの匂いにすら、人をパワフルにさせるオーラがありました。

仕事してると正直、マンネリ化しちゃうんですが、そんな時、それをほぐしてくれる雑誌や研修。
大事ですよね。


倉敷
すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

No title

私も改めて岡山を考えたんですが
意外とええもん持っていますよね。
備前焼きとかジーンズとか刀剣とか
これやはり文化を育てる歴史的な風
土ってのがあるんですかね。毛利系?




どうもです

吉備の意味は ”黄色い土”
それが採れるから 備前焼

ジーンズは木綿 干拓地児島で
塩分を含む土地で最初に植えられたのが木綿 そして倉敷紡績

刀も 真金吹く吉備に象徴されるよう、
岡山はタタラ鉄の産地。 そして備前長船
これは古墳時代からなんです。

全て ”倉式”の受け売り… いい本よ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する