FC2ブログ

普請事@スウェーデンホーム場長

ども、スウェーデンホーム場長です。

最近当社チーフデザイナーのM課長が、安土城を建てた大工の小説を読んでいるとの事。
安土城はかの有名な織田信長の普請した居城です。

で、私的には大好きな豊臣秀吉の普請事に関してウンチクりたいと思います。

そもそも秀吉(当時は藤吉郎)が頭角を現すのは、信長の当時の城、
清洲城↓↓の壁が台風で壊れた時。
Kiyosu_Castle.jpg
誰もがグズグズして中々終わらない所を、壊れた部分を10組のチームに分け、競争して修理に
当たらせ、早い組順に褒美を出し、一気に工事を終わらせる。
でしゃばりの秀吉の言うことなら聞きにくい為、丹羽五郎左衛門の旗を借りたらしいです。

そして藤吉郎の名を一気に広めた大功、”墨俣の一夜城”↓↓sunomata.jpg
美濃、斉藤龍興を攻めるとき、攻撃の拠点の墨俣に城を作ろうとする織田軍ですが、
かかるとすぐに敵に攻撃を受ける。 重臣 柴田修理も失敗する中、又もや白羽の矢が秀吉に!!

川の中の三角州と言う墨俣の性質を利用し、上流で木材を加工し(今で言うプレカット)
川に流して墨俣に届ける。 材料が揃ったところで一気に組み上げ、一夜明けたら城完成!
内部はゆっくり作ってとりあえず相手を仰天させる。 これも川並衆の蜂須加小六の助力にて完成

そのご、色々ありながら、遂に近江北部 浅井の旧領 一職一退を一任され、大名に!!
そして建てた城が近江長浜城↓↓
nagahama1.jpg
琵琶湖のほとりに建て、攻めにくいが定石の城の概念を覆し、水上輸送が容易で、
人が集まりやすい。 又、鍛冶屋、大工、魚屋など同業者を一箇所にまとめ、町を作る。
(今の魚町、塩町、坊主町なんてのが名残りなんでしょう)
所謂城下町ですな。 なんと彼は都市計画までも行ってしまうのです。

道を広げて往来を良くしたり、治水をしたり… 黒鍬者(土木技術者)秀吉だったのです。

そして、山陽方面軍司令官となり、建てた(改良した)姫路城。↓↓
himeji.jpg
いまの白鷺城とはずいぶん違いますよね。 

そして、写真は無いですが、三木城を兵糧攻めした際にあった平井山の付城。
三木城を柵で囲んで、兵糧攻めなんてのも、立派な普請事なんでしょうね。

宇喜田の秀吉への帰順ののち、備中高松城を攻めた際の歴史上例を見ない、
”水攻め” 足守川に百姓さんから土嚢を高く買い、堰を作る。
川の水を城に入れ、陸の孤島にしてしまう…
最早、ダム事業なのだ!!

そして、天下統一の偉業とも言える大坂城
osaka+jou_convert_20090905161522.jpg

その後 聚楽第なども建てつつ…

京都伏見の桃山城
Fushimi_momoyaja_jyou_1.jpg
凄いですよね。 建築や土木で攻城と言うのは彼からの発想ですよね。
本能寺の後の中国大返しだって、街道を整備し、道を広げていたから
大量の物資や人員の輸送が可能だったんです。

彼の豪華絢爛さは安土、桃山文化なんて名で教わりますが、
実際は道路整備や都市計画、土木事業も得意だったのです。

彼の普請能力… 少しあやかりたいものです。

すうぇーでんほーむ
スポンサーサイト



テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する