FC2ブログ

姫路の事 @スウェーデンホーム場長

お盆も仕事中のスウェーデンホーム場長です。
今、一緒に働いているO主任から、
”姫路は戦場になった事があるのか???” と言う質問を受けました。

遠くは倭国大乱から 壬申の乱 源平追討合戦 足利尊氏の反撃…
しかし、敢えて彼に伝えたのは、
黒田 官兵衛です
Yoshitaka_Kuroda.jpg

豊臣秀吉をして、自分が天下を取ってなければ、官兵衛と言わしめた名将!
戦国時代を代表する名軍師 竹中半兵衛と並び賞される軍師
そして、我が相棒 タッチャンが尊敬して止まない戦国武将…

かれの先祖は近江の国出身で、曽祖父が備前福岡に移り住み
祖父が播州の赤松の傍系 小寺氏の家老として仕え、
いよいよ官兵衛が信長に仕える。

時を同じく、山陽方面軍司令官として播磨に入場する秀吉に仕え、
佐用上月城で毛利軍と対峙するが、摂津の荒木村重の裏切り、
次いで三木の別所の裏切りで播磨に孤立状態になる山陽方面軍…

止む無く撤退し、三木城の別所に対峙、官兵衛はクリスチャンとして心安い
荒木村重を説得に行くが逆に捕えられ、牢獄に…
帰ってこない官兵衛を裏切りと見た織田信長は官兵衛の息子を殺すよう命じるが、
友人、竹中半兵衛がとっさに息子を自分の出生地、近江菩提山に匿う。

織田軍の猛烈な切り崩しと反撃で、毛利に走った荒木から解放され、子供の無事を
知った官兵衛は、自らの息子を匿ってくれた盟友、半兵衛の死を知る…

そこからは、まるで半兵衛の情に応えるべく猛攻の開始!
仙石権兵衛の軍師として、淡路を制圧! 鳥取城の兵糧攻め、
そしてかの有名な備中松山城の水攻め。

そしてそこからが歴史を一気に覆す 秀吉の中国大返しを助け、
そして、天下分け目の合戦 大山崎の合戦での天王山の奪取!!
秀吉のサクセスストーリーを表裏から支えた名将!!

かれの初陣は姫路市西部の青山で、毛利、赤松を迎え撃ち寡兵ながら大勝を
治めています。 

姫路は一代決戦の場所になったことはないのですが、播州は戦国時代
毛利の織田の狭間にあり、いろんな事があったようです。

O主任に、”播磨灘物語” 貸そうと思います。
相棒 タッチャンが最近返してくれたので…
すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

後藤又兵衛って渋くない?

槍の又兵衛

そうですね。 司馬の ”軍師二人”ですな。
彼の生地、春日山城は何と、福崎にあります。
行きたいんですがね…

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する