FC2ブログ

昨日

とある民法番組で 信長 秀吉 家康 の番組をしていました。
我々SWの施工エリアには豊臣 秀吉のゆかりある場所が多く、
楽しく見れました。

姫路城は、中国攻めに置ける拠点で、もとは黒田官兵衛の居城。
但馬の生野辺りは、彼の弟 小一郎秀長が治めた場所。

岡山にはかの有名な備中高松城があり、ここから一気に天下へ向かう
彼のターニングポイント。

大阪は言わずと知れた大阪城のある場所。

グループ会社ユーロヒュースのある肥後 熊本はかれの子飼いであり
親戚でもある加藤清正の治めた国であり、清正が建てた天下の名城 熊本城が!

あと意外と知られてないんですが、兵庫三木市に秀吉の名参謀
竹中 半兵衛のお墓があったり、揖保郡に大阪城の石垣を切出した際の
石があったり、彼の足跡が一杯あります。

秀吉は一夜城に代表されるように、築城の名人であり、同時に
近江長浜城なんかは、都市計画までやっているのですねえ…
道路整備もやっていたり、太閤検地なんてのは測量の元祖なんです。

今、僕らが普通にやっている測量や、地上げ土木、基礎なんてのは
彼の偉業の一端かも… なんて思います。

まあ天下の関白太政大臣と比較するなんておこがましいんですが、
建築を美学にしたって言うのは素晴らしいことですよ。

彼の建築、土木に関する事は、
堺屋 太一先生の”秀吉 ~夢を超えた男~”に楽しく記されています。
僕の超おすすめ小説です。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する