FC2ブログ

始期付贈与@スウェーデンホーム

今日は公証人役場に行っていました。 市街化調整区域に家を建てさせて頂く為です。
僕のブログでは市街化調整区域の話が再々出てきますが、そこに家を建てるのは容易ではない。
とは言うものの、そこに住む人にとっては迷惑な法律(のような気がする…)

今回の建築は分家開発による建築許可です。
まづ、兵庫県土木の建築指導課に建築許可を申請する(意外とややこしい)
並行して農業委員会に農地転用の許可を出す(これも意外とややこしい)

大方建築許可がOKになると、いよいよ公正証書を作成し、建築者に死因贈与を公証する。
その公正証書をもって、始期付贈与の仮登記を付け、それを県土木に提出し、
建築許可が下ります。(ふう~)

そしたらやっと普通の市街化区域と同じ建築確認申請を進められる訳です。

で今回行うのは上記の公正証書作成のパート 大方出口が見えてきました。

当日行ってドタバタするより事前に書類を届けたいので、先に届けに行きました。
そしたら、公証人様が代わってました…

で、… 公証人とは???
公証人(こうしょうにん)とは、ある事実の存在、
もしくは契約等の法律行為の適法性等について、
公権力を根拠に証明・認証する者のことである。

日本においては公証人法に基づき、法務大臣が任命する公務員で、
全国各地の公証役場で公正証書の作成、定款や私署証書(私文書)の認証、
事実実験、確定日付の付与などを行う。

2000年9月1日現在、日本全国で公証人は543名、公証役場数は299箇所ある。
なのです。

ちなみに、新しい公証人様… 知人の知人でした。
又もや世間は狭い…

法律って難しいような、面白いような…

スポンサーサイト



テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する