FC2ブログ

古い時事問題@スウェーデンホーム

003-m.jpg
これ、僕の大好きな漫画 ”センゴク” の壁紙です。
右の金色の武将は 三河武士の頭領 松平 次郎三郎 家康(のちの徳川家康)
後ろの槍(蜻蛉切り)を持った武将が戦国時代最強と称される武将 本多 平八郎 忠勝
そして、榊原 小平太 康政 全て三河武将です。

武田信玄に戦いを挑む三方原の戦いに出陣するシーンです。
で、本題 この三河武将の子孫 中嶋一貴がF1レーサーとして
世界をサーキットしている事を最近知りました。

そして彼の父は、かの有名な中嶋 悟。 日本人初のF1ドライバーです。
中嶋 悟は僕が小学校の時国内F2にて無敵。 当時からファンでした。
高校時代はあんまし興味が無く、大学でチョコチョコF1を見出して又ファンに

30代半ばでF1に参戦した中嶋は正に耐えてチャンスを掴んだ三河武士!!
ロータスから離れた後、ティレルに移籍し、非力なコスワースエンジンを
独特のスタイリングとドライビングでカバー。 そのティレル019がこれ。
019f1.jpg
細いボディーにドルフィンノーズと言われる立ち上がったノーズ。
逆ガルスタイルのフロントウィング。 青白のカラーリングには
中嶋の国内時代からのスポンサー EPSONとPIAA

格好よかったなあ… その年の鈴鹿で鈴木アグリが3位入賞…
翌年、コンストラクターズチャンピオンになったマクラーレンホンダのV10エンジン
が搭載される事が決まり、中嶋が ”俺も来年頑張る” 言葉が忘れられません。

そして必勝体制で導入したシャーシ 020
020_03.jpg
結局ホンダV10エンジンのあまりのパワーにシャーシやタイヤがついていけず、
緒戦のアメリカGP5位にて中嶋悟は引退する…

厳しい状態でもレースを投げ出さず、言い訳をせず、戦う三河武士 中嶋悟は
最高に格好良かったです。 
当時、峠を走るのが好きだった僕は、ぼろぼろの愛車CR-Xに中嶋のメットのシールを
貼っていました。

徐々にオヤジになって、よく廻る車に乗ることは無いですが、
MTのライトウェイトに乗って山を走りたいなあ…

中嶋悟の息子 一貴 楽しみな話です。
クリック
スポンサーサイト



テーマ : どうでもいいニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する