FC2ブログ

花の色は… スウェーデンホーム

花の色は 移りにけりな いたづらに
我が身世にふる ながめせし間に

小野小町の有名な歌です。 全ての物は有限と言う意味でしょうか…
平安時代なら美容整形も、お化粧品も少ないもんねえ…

スウェーデンホームはどちらかと言うとカラフルな色が多いですが、
外観上そうなるのか… でもスウェーデンホーム、お化粧直しも意外と簡単


これが、岡山で初めて建てられたスウェーデンホーム 玉野ゲストハウス。
もう11年を経過したモデルハウスですが抜群の存在感です。
new tamano
淡い黄色のモデルハウスです。 でも以前はこんな色でした。

old tamano
水色と淡い緑を混ぜた、ブルーグリーンって言う色で、爽やかですが、鮮やかすぎず、
僕は大好きな色でした。 いまでも、この画像のまま使っていることも多いです。

もっと見事な変貌はこれ
old RSK


岡山RSK展示場です。
僕の単身赴任時代の色で、当時、流行ったプロバンススタイルの色に似ていますよね。
結構人気のあったいろでしたが、今は、こんな色合いです。
new RSK
チャコールグレイのカラーパターン。 最早別人です。

でも基本的に色を変えてもスッキリ見えるのは、基本的な外観デザインが
しっかりしているからだと思います。

良いように言うと 流行り廃りのないデザイン なんですよね。
奇をてらわないと言いますか… トラッドスタイルと言いますか…
こういうデザインに重視されるのは基本的なデザインの基礎なんですよね。

屋根の架け方、窓のレイアウトの仕方… 
そして、その上に応用の様にこまかな装飾がされていく…
基本がしっかりしてるから、細かなスパイスが良く映える訳です。

これが輸入住宅が格好いい理由であり、僕が魅せられる理由なんです。
奥が深いです。

スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 今日のお仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する