FC2ブログ

strength & honor @スウェーデンホーム場長

昨日、TVでベルニーニとレオナルド ダ ヴィンチの放送があるって何気に言ってました。
仕事だから見れないから関係ないや。 と思ってたんですが…

ベルニーニはかの有名な聖ピエトロ大聖堂の広場をデザインした人
ダ ヴィンチは最早言うまでも無い天才建築家、思想家、彫刻家…
やっぱイタリアは凄い国です。 まあ、私が若い頃流行ったのが ”イタカジ”
だったからかも知れませんが…

僕が高校時代打ち立てた 3A計画なるものがあり…

服: Armani (アルマーニ)
車: ALFA ROMEO (アルファ ロメオ)
学: Aoyama Gwakuin (青山学院大学)

まあ全て失敗に終わりましたが… そんな頃からイタリア好き…

そしてここ最近で最も好きになった内容はこれ
gradiator maximas
そう、グラディエーターです。
ローマ帝国の将軍、五賢帝マルクス アウレリウス の部下
から奴隷に身を窶し、そして剣闘士になり、愚帝 コモドゥスを討つと言う
話ですが、スパルタクスの反乱と最後の5賢帝をミックスしていて、

スンゴク楽しく、格好良かったです。 この影響で 塩野 七生さんの
”ローマ人の物語” 読んでるんですけど…(って1巻読み終わっただけ)

で、グラディエーターの最後のシーン
corosseo.jpg
コロッセオの上部から いわゆる ホロ ローマノ を見上げるシーン 全盛期のローマですね。

そして僕が実際に見たコロッセオはこれ
コロッセオ
これを大方2000年前の人間が建てたのかと思うとビックリですよね。
イタリアの建築を見て思ったことは、かなりしつこいテイストを混ぜた建物なのに
全体で見るとスッキリ見えるんです。 基本的なフォルムに細かい味付けが効いてるんです。

ST peters
ね。 こんな感じです。 凄いでしょ。

でも一番感動したのは、映画の中で、将軍 マキシマスが戦う前に言う言葉

”STRENGTH & HONOR” ”力と名誉を” と言う言葉です。
正しい力は公にしか行使出来ないという意味です。

格好いい映画でした。

TVの予告から凄いねたに繋げてしまった…

スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する