FC2ブログ

桜の季節@境界立会のスウェーデンホーム場長

sakura_convert_20090405112541.jpg
今日は朝から境界の立会でした。 桜満開のこの季節、外は気持ちいいですね!!
今回の敷地の境界の立会は、買主様から、売主様に名義がかわり、敷地の境界、
外側のポイントの明示でした。

本来、敷地と言う物は、境界があり、輪郭が判る物なのですが、
接する部分との境界があやふやだったり、お互いによく判っていない
そんな場合、立会を行い、境界を明示の上、測量を行い、法務局に登記すれば、
公に証明することが出来ます。

境界の立会が個人所有同士の場合を 民ー民 と言い、公道や、国有水路などの場合を
官民と言います。

今日は、そういった全ての境界確定が終わり、名義変更したのちに、改めて境界を
確認しました。

S土地家屋調査士先生に明示を頂きました。
測量や、立会等、いろんな事を行いながら家は建っていきます。

物理的な内容、法的な内容、慣例など様々な内容に触れながら
敷地は建物は存在していると思うと、一筋縄ではいかないと思う反面、
凄く面白い仕事だと感動してしまいます。

スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する