FC2ブログ

由々しき場所にあるスウェーデンホーム

スウェーデンホームの建築にあたり、基本的にボクの担当エリアは兵庫県です。
岡山は岡山支店、大阪は大阪支店、関東は東京支店、九州はユーロヒュースって感じで…

大阪は兵庫からだったり大阪からだったりですが、ホームページの作成時に撮影に行った時に
色んなエリアのスウェーデンホームに触れることが出来、又、いろんな風土に触れる事が出来ました
中でも一番忘れられないのがこんな場所…
OkaMisanzai_Kofun_air.jpg

これは何だ??? これは古墳です。 仲哀天皇陵です。
撮影時に訪れたとき、ビックリしました。 兵庫県にも古墳はありますが、壕を巡らせた古墳は
初めてだったので… そして、そのスウェーデンホームはこの古墳のすぐ横に建っており、
住宅街なのに緑豊かな場所で、本当に素敵でした。

撮影中にご主人様から教えて頂いたのですが、天皇の古墳だけに ”御陵” と言うんですね。
近くには日本第二位の大きさの応神天皇陵もありました。 凄い…
実際問題はこの古墳 仲哀天皇の古墳とか雄略天皇(倭の5王 武王ですな)
とか言われているらしいです。

で… その仲哀天皇と言う方は、応神天皇の父で、かの有名な神功皇后の夫。 
そしてかれの父はかの有名な神代の英雄 
日本 武尊(ヤマト タケルノミコト) です。

その日本 武尊の名の由来は、当時九州地方に勢力を誇った熊襲(くまそ)の頭領
川上タケルを討った時にその名を貰ったという 正に武門の誉れの証!!

そしてそれより1,500年近く年を経て、その熊襲の国にある、当社協力会社、
ユーロヒュースから資材を入れ、
日本 武尊の子供の御陵の隣に素敵なスウェーデンホームが建っています。

うーん今日もすごい故事付けになってしまった…
スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する