FC2ブログ

テクスチャー ディテール スウェーデンホーム

外観 (12)
建築に携わらせて頂きはや16年。 分譲住宅→輸入住宅→注文全般→分譲→SW
いろんなバラエティーに富んだ商品に関わらせて頂きました。

建築に共通して言えることは、洋風 和風共に 素材とシルエットだなと思います。
この家、HPでも掲載させて頂いてますが、ビックルーフ
設計のMが拘ったディテールとテクスチャがあります。

大屋根の端にある三角の庇(コーニス)は化粧帯との見切りをつける為と
重心を下に見せることによりビックルーフのドッシリ感をだしています。
と言うのも、空間を取るために1階の桁をやや上げて居る為、やや
トップに目が行ってしまうからです。

上部の化粧帯を細くしているのもドッシリ感のためです。
シンプルな妻面に可愛くゲーブルオーナメントを付けています。
これも勾配の浅い屋根には合いません…
まあ、Mの意匠とでも言いましょうか…

0 外観 (4)
この白い帯を良く見てください。 微妙に木材が縦の板より薄く、中に凹んだようになっています。
しかも外側の板金を張り出させることにより、単調になりがちな真っ直ぐな壁に立体感を
持たせています。 通常化粧帯は上から貼り付ける事が多く アクセントにはなるものの
即物感がでるのですが、敢えて凹ませることにより雰囲気を出しています。
(まあ、北欧では普通なんですが… )

1外観 (2)
上部が木 下部が塗り壁のパターンの家です。
通常 日本にありがちなツートンのパターンは下部がタイルって言うボトムヘビーな
スタイルが多く、見切りの位置が難しい… 装飾性の強い部分の見せ方ですが…

この家は上部がアクセントなので見切り位置を低くして、又、トップヘビーに成り過ぎぬ様
帯を太くして、スプ板の長さを調整しています。

実は他にもディテールの味噌はたっぷりあるのですが、ノウハウに付き企業秘密です。

このディテールにプランとシルエットが重なり素敵な建物になっていく訳です。

この前、素敵な柄のネクタイを買ったのですが、太いネクタイだったので
タイドアップすると妙にノットがデカイ… ようはシルエットがダサい訳です。

だからテクスチャとディテールは非常に大事、一方だけ優れてても駄目な訳です。
今日もウンチク全開スウェーデンホーム場長でした。
でも、格好いい家、テーラーメイド感覚で建てませんか?
スウェーデンホーム
スポンサーサイト



テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント

こんばんは!!

こんばんは。

初コメです。

仕事の出先でから、見させていただきました!

また、時間があるときゆっくり、みさせていただきます。

宜しくお願いします。
それでは、失礼します。

ありがとうございます

書き込みアリガトウゴザイマス。
僕も貴殿と同じく仕事、家族、波乗り大好きです。
僕もWET DOVEです。 

セミドライが穴だらけで水入りまくり…
又、ブログ&HPよろしくです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する