FC2ブログ

デザインコード ドレスコード

こんにちは。 姫路 兵庫で輸入住宅 北欧住宅を扱っています。 
スウェーデンホーム場長です。いつもご覧いただき、本当に有難うございます。 m(_ _)m

20170927_002509_R.jpg
今日は靴について… クラシックスタイルでのドレスコードに置いて正装そされる靴は
実はこの丸を入れたデザインのみらしいです… 
冠婚葬祭や正式な会合ですね。 (夜のパーティーは違うのだと思いますが…)

内羽根式のハンドソーン若しくはグッドイヤーウェルト式のストレートチップ 
これだけらしいです。

昔から僕も家内が服屋さんだったりするので、それなりに知ってたつもりでしたが、
それを知ったのは最近です… (;´д`)

日本では、僕の大好きな落合正勝 先生 や ハディー エイミス卿 の本がきっかけです。
それから何か恥ずかしくなり、そのとき1つも無かった内羽根のグッドイヤーウェルとのストレートを
立て続けに買いました。 冠婚葬祭用と普段履き。 冠婚はハイシャイン仕上げでもOKらしいですが
葬祭はクリームのみの仕上げが良いらしいです。

何でもそうですが、ドレスコードがあるんですよね… 小さいうちからそれに馴染んでいるイタリア人
や英国人なら教えられるまでもなく知ってるんだと思います。
米国人は上記の方々に比べると合理的と言われますが、学生時代、僕の住んでいたアメリカの
家族も、アイルランド系だったので、結構厳しく言われた記憶があります。

当時、ヘインズの真っ白のTシャツにジーンズが日本で流行ってて(吉田栄作ですな)
その格好をしてたら、そのシャツは下着だ! と…

その時は良くわかって無かったのですが、今さらになってよく理解できます。

これは住宅にも言えることで、欧米の家にはれっきとしたデザインコードが成立しており、
このディテールの集積が家を美しく見せたりする要因ですし、
この基礎をしっかり踏襲しつつアレンジを加えると美しい家が出来上がります。

似たような素材で仕上げても何か変な家ってよくあると思いますが実はそう言う事
なんですよね。 

服装も、和装の日本に洋服がもたらされて、良くわからないうちに馴染んでるのと同様
戦後、服飾より遅く、しかも急激に入ってきた洋風住宅の方が馴染まないのは当然
なのかも知れません。

輸入住宅を扱う以上、そのあたりをもっと自分に徹底しないとダメだなと思います。

なので、最近、スーツ姿の人を見るとつい靴を見てしまいます。 僕は貧乏なので
国産の安物しか買えませんが、展示場の運営会社のお偉いさんがその靴を履いて
居られました。 凄いなと思い聞いてみたら、オールデンジャランスリワヤでした… 
死ぬまでに買いたい… たぶん いや 僕には無理です… (;´д`)



落合正勝 先生スウェーデンホームホームページ(スマホ対応)   スウェーデンホーム フェイスブック
スウェーデンホームyoutube       スウェーデンホーム インスタ    
    
輸入住宅スタイル  
落合正勝 先生

ハディー エイミス卿

オールデン

ジャランスリワヤ
スポンサーサイト
コメント

俺、最近ドクターマーチン。
黄色いのんちゃうやつ。

そうなんですね

ワークシューズですね それもグッドイヤーウェルとですよ。 m(__)m
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する