FC2ブログ

大好きな季節が終わりそう…

こんにちは。 姫路 兵庫で輸入住宅 北欧住宅を扱っています。 
スウェーデンホーム場長です。いつもご覧いただき、本当に有難うございます。 m(_ _)m

今年は寒かったので暖炉が大活躍です。 当社の家と暖炉は非常に相性がいいです。
暖炉は当たり前ですが、酸素と木を燃料にして暖めています。 で、酸素を使う際に
室内の酸素を使うと、気密住宅では酸素が不足します。(当たり前かな…)

じゃあ気密住宅では暖炉は使えないということになりますが、当社の暖炉は
外気導入型です。 床に穴をあけて基礎下から空気を取り入れます。 
窯の中が熱くなると上昇気流が発生し、ドンドン吸い込みますので、酸素の供給は
理に適っています。

一方暖炉は石油ファンヒーターみたいに水蒸気を発さないので、家の中はカラカラになります。
でも、気密住宅に対応したスウェーデンホームの家は天井は無垢のパインになっていて、
そこで、調湿します。 天井パインは見た目も美しいですが、実は調湿という役目があります。
P1070030_R.jpg
↑ SW本国のモデルハウスです… 木貼です…

なので、相性が非常にいいのです。 北欧で発達した家と、北欧で発達した暖炉なので当たり前
なのですが…

IMG_0001_R.jpg
前の展示場で使っていた HANDOL TYPE10 いかつくて格好良かったです。
僕の家もこれです。 

IMG_0012改_R
HANDOL合併の後メイン機になったCONTURA470Tです。 小振りになりましたが、
パワーは同じ9.5KWで、クリーンバーンニングという技術で燃やしています。

実は今日、このお題目にさせて頂きましたのは、入居者様からのメッセージです。 
”暖炉も家も最高で、誰も旅行に行きたがらないです”
との事で… 確かに家がリゾートになっちゃうのでそうかも知れません。

週末、3月末までは展示場では暖炉を焚く予定です。 
おかしな話ですが、暖かくなる前に、是非展示場にお越しくださいませ。m(_ _)m


スウェーデンホームホームページ(スマホ対応)   スウェーデンホーム フェイスブック
スウェーデンホームyoutube       スウェーデンホーム インスタ    
    
輸入住宅スタイル  

クリーンバーンニング





















スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する