FC2ブログ

丹波の国のスウェーデンホーム場長

今日のスウェーデンホーム場長は、朝から物件調査でした。
目指すは兵庫県丹波市。 え、そんな市あったって言う話ですが(丹波市の皆様スイマセン…)
無学のスウェーデンホーム場長は京都かと思いまして…

平成の大合併の前は氷上郡っていう所ですな。
先ずは法務局。 物件調査は法務局からなんですが…
旧 柏原町と聞いたのですが…

判らないので、旧柏原町役場で聞きました。その建物がこれ、
柏原役場

こんな素敵な建物で、旧宿場町みたいな所で…
観光したみたいに綺麗な所でした。

聞けば昭和初期の建物。 本当に洋館って感じで、
中も綺麗でした。 ついでに現場の水道もチェック出来ました。(ホッ)
市町村合併で、水道は旧XX町 下水は旧OO町って所が多く、行ったり来たり
なんですが、今回はラッキー!! しかし下水は春日町って… トホホ

その後、法務局へ そしたらこんな建物が法務局の隣に!!
織田家旧邸

織田家陣屋跡です。 この柏原藩の開祖は織田信長の弟、織田信包!!
知らなかった… どうりでそこら中に織田木瓜の紋が有るわけだわ…
織田木瓜

凄い! こんな綺麗な町が兵庫にあったなんて… 丹波路はなかなか
行けないですが、素晴らしい。 播磨と丹波、何か違う…
何か雅やかさを感じます。
岡山の備中松山城下みたいな雰囲気です。

その後、現地で打ち合わせの後、下水を調べに旧春日町役場へ…
何と、この春日って言うのは、かの有名な3代将軍 家光 の乳母
大奥の礎を築いた春日局の生地!! スゲエ~ 又知らなかった…

ってことで、この旧春日町役場の隣にある黒井城下館跡(現興禅寺)
斉藤利三下館跡

も見てきました。 ここで春日局は育ったらしいです。 寺って言うより
城ですね。

この黒井城は明智光秀の丹波攻略に伴い、春日局の父、斉藤内蔵助利三が治めます。
斉藤利三は、明智十兵衛光秀の実質筆頭家老で、元は、美濃三人衆の一人 
稲葉一鉄に仕えてましたが、明智の要請により明智光秀に仕えます

そしてあっという間に家老になるわけですから、内外政に通じた人だったのでしょう。

明智は裏切り者として世間には知れ渡っていますが、実際は、内外政に優れ、
鉄砲の使い手であり、同時に有職故実に通じた文武両道の将で、事実、織田に
仕えるのは遅いのに、一番に大名として近江坂本を与えられます。

室町幕府に通じ、旧幕臣を配下におき、徳川家康にも親しく、織田信長からの知行も
多いのに… 何故 裏切ったのか???

色んな説がありますが、是非、堺屋太一先生の 鬼と人とを読んでください。
多分、チリも積もれば山となり、爆発したんでしょうね。 
原因は一つじゃ無いんでしょう。

今日の仕事は遠い道中でしたが、本当に楽しかったです。
又、明智の本を読み返したい…
秀吉好きの僕ですが、丹波の十兵衛も素敵でした。

堺屋先生の”秀吉”から秀吉のセリフを拝借して・・・

”光秀よ、お前は信長だけで無く、皆から好かれようとした。
 俺は信長様だけに好かれようとした。それが違いよ。
 つらかったであろうなあ…”

惟任 日向守の冥福を祈ります。

*全部道中ですよ。 遊んでた訳じゃないのです。 イヤマジで!!
 
 ちなみに現場調査の為、撮影用の僕の愛機イオスキッス&広角で撮りました。
 露出間違ってる… 俺、やっぱり撮影下手だなあ…
 
 イカン! 最近又 歴史家になっている…

スポンサーサイト



コメント

No title

丹波の青垣に川藤幸三の建設会社があります。

へえ~

川東って丹波の人なんですか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する