FC2ブログ

スウェーデンホーム場長の仕事の一部…

今日は、お客様の土地決済でした。
土地決済と言っても何の事か判らないと思いますが…

一般に建築地をお持ちでない方の場合、2パターンで購入のプロセスを行われます。

パターン1は、当社 昭和住宅が保有している土地(所謂、分譲地ですな)に建てて頂く。

この場合は、一般的に最終的にご入金頂き、建物と土地の登記を一気に行います。
判りやすく言うと、スーパーマーケットで、野菜も魚も一気に買って、レジに持っていくって
具合ですな。 まあ、お客様にも判り易い訳です。

パターン2は、 土地を不動産屋さんから買って(仲介して頂いて) 
その土地に好きな会社の建物を建てると言う場合です。
この場合は、土地だけで先にローンを組んで土地名義をお客様名義に変えて、
建物は建物でローンを組むってパターンが多いです。

様は、野菜は八百屋で買って、魚は魚屋で買うって具合です。
当然その場合、各々の買い物に置いてお金を支払う訳ですから、一気にレジじゃあ
ないのです。

このパターン2の場合の土地の名義変更を業界では決済と言うわけですが、

お金を貰わないと売主は土地を渡さないし、
お金を銀行から借りないと買主はお金を払えないし、
お金を貸すには、銀行は土地に担保(抵当権)をつけないと貸せない訳です。

よって、売主、買主が銀行に一同に会し全てを同時に行う訳です。
これが決済です。 だから決済時は 売主 買主 仲介業者 工事請負業者
そしてこの登記行為を行う司法書士が集まります。

融資の申し込みは大概の場合、仲介業者か工事請負業者(今回はボク)の場合が多く、
今回は当社がお世話になってる、SMBCでお願いしました。

担当のN氏が手際よくやってくれたお陰で、普通ならドタバタの決済が、驚くほど
スムーズに行きました。 売主様もビックリされるくらい…

ボクが15年前の今頃の初契約も決済有りのお客様で、当日、訳が判らないまま
決済に行って、銀行の担当者さんに
”お宅 バカですか?”って言われた記憶が思い出される… 

建築に携わっていると、こういう融資や、登記、
土地の境界や農地転用、分筆なんていう事、
水道、下水道、ガス電気の埋設状況
用途地域や、建蔽率、宅地造成規制区域や、砂防地域、
税金 固定資産税 不動産取得税 居住用財産の特例 登録免許税 都市計画税

なーんて普通に生活してると知ることもない事にいっぱい関ることが多く、
最初は、ああ、ややこしいと思っていましたが、いつの頃からか、
それを覚える事がすごく楽しくなり、いろんな方から教えて頂きました。

司法書士のNセンセ 土地家屋調査士のNセンセ 設計事務所のTセンセ
税理士のSセンセ 友人で資産税課のM氏 良くぞボクに教えてくれました。

そして、K市H区の設計主事のH様、ボクが聞きに行くたび、お宅は本当に建築屋か?
と怒りながら新人のボクに教えて下さいました。

今も、しつこく建築屋です。 ハハハ…


スポンサーサイト



コメント

スエーデンホーム
見に行きましたいいですね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する