チョッと前の話

こんにちは。 播磨地方で輸入住宅を扱っています、スウェーデンホーム場長です。
最近、西播磨の仕事が多いです。 赤穂、上郡、佐用っていう辺りです。

僕は播磨でも、中播の浜手ですし、母方も広畑、伊伝居。 父方も飾磨、香寺なので、
あんまり西播磨の方は縁がありませんでした。

でも波乗りをする様になって、佐用を経て鳥取に出て行くので頻繁に通るようになり、
妙に親しみが湧いてきて…。 又、他界した義母の里が佐用なのもあり、義理の叔父や
叔母が沢山住んで居られたり、息子がこの辺りの学校なので余計に親しみが湧き…。

先日も、お客様宅にお邪魔させて頂いていたのですが、15時に赤穂、18時に上郡だったので
時間を潰しながら、以前から波乗りの道中に時々前を通る、白旗城を覗いてみました。
白旗城
とは言うものの、400Mの山の上なので下から見上げただけですが…
北方謙三先生の、悪党の裔でも出てくる名城です。

城主 赤松円心 が足利尊氏を九州へ逃し、追討してくる新田義貞軍を50日間
この城に釘付けにし、尊氏の天下に大いに貢献するわけです。

白旗=源氏の御旗であり、源氏=足利尊氏に見方すると言う意味なんでしょうか?
まあ、追討してくる新田も源氏ですが…

結果、播磨の悪党 赤松円心や足利一党は摂津湊川に新田、楠軍を破り、建武の親政を打破します。
その後、足利尊氏より二引両紋を賜り赤松の紋とします。

で、僕のご先祖もどうもこの赤松一党のようで、飾磨の都倉村に地頭として赴任し、
以降、都倉姓を名乗っているようです。
ですから、本来は所縁の有る地なんですよね。

この辺を波乗りで通るようになってから思うのですが、山陰に抜けるには非常にアクセスが良く
又、岡山にも抜けやすい。 昔は交通の要衝だったんでしょうね。
又、金出地なんて地名もあり、鉱山があったのかもしれません。

太古にはこの千種川の水域で水稲耕作されていたやも知れず、吉備、大和、出雲の合流地点で
街道だったのかも知れません。

戦国時代には、もう少し先の上月城で織田、毛利の一代決戦が行われています。

注文住宅の営業は、その土地土地の風土や歴史に触れることができて、ナカナカ素敵です。
頑張らないと。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 姫路情報


輸入住宅はスウェーデンホーム

スウェーデンホーム フェイスブック






スポンサーサイト

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する