原点になった街並み

こんにちは。 スウェーデンホーム場長です。 後厄を迎え、連日の深夜残業で
かなり脳がラリってます。 歳ですねえ… トホホ…

今日は、昔の思い出について… 
下の写真は僕が大好きな、某輸入住宅&不動産屋さんの街並みです。
大蔵谷プロバンス034
今は関西圏からの営業を撤退した会社ですが、某コーストサイドの丘にある素敵な街です。
この写真を撮ったのが多分14~15年前だと思います。 デジカメのはしりで…
撮影時が出てきません。

友人の結婚式の司会をしないといけないことになり、日本のサンタモニカ=垂水の
結婚式場に打ち合わせに行った帰りに当時大蔵海岸から大蔵谷インターに抜ける道が
出来て、通った際に偶然発見した街・・・

当時僕は、垂水でアメリカンの輸入住宅をしたのちに、姫路で分譲住宅を販売する
業務に携わっていて、微妙に輸入住宅みたいな家を(外観のみ…)分譲地に建てて
鼻高々になっていました…

で、この街を見たときに、あまりの美しさにショックを受けました。 凄い!!
ロケーションもさることながら、色使い、統一感、外構… 
何度も見に行きました。 朝も、昼も、夜も…(夜は夜でバリ格好いい)

大蔵谷プロバンス000

で、恐いもの知らずの当時の僕は、”こんなん楽勝” とばかりに同じ事をやろうと考えました。
(身の程知らずもいいとこ…) で、以前から目を付けていた、某ゼネコンの資材置き場があり
そこを売って頂こうと考え、当時マンション建築でお世話になっていたのもあり、何と売って
頂ける運びとなった。 鼻息荒く僕は造成時から現場に行き、分譲計画を行いました。

で、並行して上記のような街並み+アルファとばかりに商品仕様を考えました。
塗り壁に窯変調の瓦(今思えば、ダサダサ工務店が考えるインチキプロヴァンス丸出し)に加え
輸入玄関ドア(アメリカ製のデコラティブ全開で、本来南仏ではそんなの使わない…)
石貼り壁(南仏は組石造の上から塗り壁にするのに、石を貼って余計にアンバランス)
とどめにゲーブルオーナメントよろしく、北米調のファイポンの換気ルーバーを付けて…

深く考えず、アメリカンの家のテイストを南仏にミックスし、外観だけ輸入チックにした、
恐るべきハイブリット輸入住宅(チック)な計画は進んでいきました。
でも当時の僕の全知全能を使った仕様だったとも思います…(情けない)

砥堀街並009

で、こんなモデルハウスが完成し、販売開始しました。当時まだまだ姫路ではこれ系は少なく
又、上手く土地が仕入れられた関係上もあり、爆発的に売れました。

砥堀全景007
出来上がった街並み… でもやっぱり何か違う… で、色々研究や勉強した結果、
輸入住宅村は構造が2X4で、こっちは在来… 破風の段の起し方、軒の出、軒裏の処理
水平ラインの処理の仕方、何より南仏風に使うテクスチュアの間違い…
今思えば、本当にお客様に申し訳ないと言う思いですが、本当に身の程知らずでした。

その後、直ぐに輸入住宅の殿堂 T部長から、ノウハウを伝授頂き、又、本を読み
他社をパクり、又、T部長の縁で出会えた輸入住宅の編集長にも出会い、
伝説の聖書を頂き、現在も勉強中ですが、大事な事はノウハウと知識と言う事です。

何より一番ダメな事と気付いたのは見た目だけのパチキが一番ダメと言う事です。
多分、この街並みの家々の内装も本来の凝った造りだと思います。
本物の持つ質感や、何よりそこから出てくるオーラのような雰囲気が
それを本物たらしめると言うか…

そう思うと、スウェーデンと言う商品に携われて居る事を感謝しないといけないですし
関わって頂いたお客様の家々を全て、格好いい、いい性能の家にしないといけないですし
その知識を持って提案しないといけないと改めて思います。

この街並みの近くにスウェーデンホームを建てさせて頂いており、この街並を横目に見て
ふとそんな事を思い返しました。

北欧風、北米、南仏、スパニッシュ、コッツウォルズ、チューダー、ライティアン…
もっともっと知識をつけて、兵庫一の輸入住宅屋へのあつかましい夢を…
頑張ります。 

15年前の街並みがいまだに新鮮に写る… これが本当の家であり、本当の街だと思います。
原点の街並み… またゆっくり見に行こうっと。

輸入住宅はスウェーデンホーム

スウェーデンホーム フェイスブック




スポンサーサイト

テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する