昨日の出来事

おはよう御座います。 兵庫播磨地方で輸入住宅を扱っていますスウェーデンホーム場長です。
昨日は、岡山からスウェーデンホームの岡山チームが施工例や、上大野モデルハウス
見学に来られました。 スウェーデンホーム岡山の古参、F係長は僕が岡山時代チームだった
写真で、スウェーデンを共にやってきた盟友です。 Y係長も岡山の古参、今はSWの営業です。

残念ながら、僕はドタバタしていて一緒に案内は出来ませんでしたが、キャスティーで
資料関係の提供と、プレゼンのお話だけして、後はO主任にお願いしました。

岡山は今のスウェーデンホームの発祥の地で、SクラスAクラスはこの岡山で開発されました。
(Xクラスは姫路だが・・・ フフフ… といいながら事業部長が開発したのだが…↓↓)
僕も キャスティー展示場長の前は岡山RSK展示場で働いていました。

地上からA
僕が居たときから色は変りましたが、ずっと建っています。 これが本物の家なのです。
本物って何かと言うと、時が経ても変らないもの、流行に惑わされないものです。
個人的思いも入りまくりですが、この家は築12年近くになりますが、今も当時も変らぬ
美しさがあります。 

落合正勝 先生に言わせれば、クラシックスタイルですね。 クラシック=レトロ
みたくニュアンスでは感じますが、クラッシック=一流 高尚 由緒のある 不変 
そんな意味なんです。 

私淑している空海大師様の言葉を借りますと、時間と言う縛りは存在せず、現在 過去 未来は
全て同時に成立しているもので、この物質空間にのみ時間と言う縛りがると…
そういう意味で言うと家も物質なのですが、このスウェーデンホームはこの三世すら超越した
物にすら感じられる…

時を越えて佇む家… それが我が愛して止まないスウェーデンホームなのです。
岡山の盟友の皆、共にこの素晴らしい家を吉備の国、播磨の国に建てまくらせて頂こう!

輸入住宅はスウェーデンホーム

スウェーデンホーム フェイスブック





スポンサーサイト

テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する