画像処理

こんばんわ。 スウェーデンホーム場長です。
最近、撮影が出来ていません。 又、春になったので撮影にいきたいのですが…
撮影は、外観と内観を撮らないといけないので、撮影の方法は微妙に変わります。

が、最近は外観はレタッチを覚えたので、結構簡単に補正はできるようになりました
(と言ってもアドバイザーの人がしてくれるのですが…)
A 外観   (7)

これが元の撮影画像です。 A様邸 撮影時はやや雲がかかっていて、当然ですが電線がある…
建物の外観撮影の場合、出来るだけ高い脚立を立てて撮影すると歪は少なくなる…
人の背の高さから撮影すると、どうしても見上げるアングルになるので、歪んでしまうんですよね。

A様邸撮影時も実は大きな脚立から撮影したので、歪みはすくないのですが…

A 外観   (1)改

これが補正後、空を変えて電線を消しました。 しかし若干歪んでいたので、そこも補正をかけ
とても素敵に補正できました。

今から徐々に暖かくなって、美しい建物の撮影があると思うと、嬉しいのと緊張と…
すうぇーでん
スポンサーサイト

テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する