FC2ブログ

most east meets east

こんにちは。 姫路で輸入住宅を扱っていますスウェーデンホーム場長です。
今日は、上司でもあり、グループ会社の社長でもある、ユーロヒュース徳永社長から
素敵な写メを頂きました。

DSC_0042-1_20121109132927.jpg

ユーロヒュースが分譲している、熊本郊外にある、フォレストヴィラ大将陣の由来です。
大将陣は熊本の西にある、金峯山の国立公園内の素敵な山間にあります。
町並み①
こんな感じのリゾート感漂う場所です。 
今はもっと建物も増えて、凄いいい街になっています。

で、どうしてここが大将陣何て場所なのか??? その由来が上の内容なんです。
大将陣の場所に神社がありそこの内容を送ってくださいました。

どうも、菊池公が鎌倉幕府に対し反旗を翻し、後醍醐天皇に味方する際の
心固め、又、この中では肥前勢と戦う際の本陣とありますね。
どうも、肥前勢と言うのは、鎮西探題の幕府軍のようです。

北方謙三氏の ”悪党の裔” 以降、南北朝に興味がある場長ですが、
元寇以降、九州の武力強化に乗り出した、執権北条氏がおいた幕府の
出先機関のようで、元寇以降、多大な出費や労力を捻出した九州の
御家人と、上方の北条氏との間で確執があったようです。

どうもこの菊池家13代武重公は文中にもあるように尊氏(当時は高氏)
と戦います(新田軍として)で、撃ったとありますが、戦いには負けます…
翌年、豊島河原合戦にて、高氏は新田、北畠連合に負け九州へ逃げます。

そこで我がご先祖、赤松円心が新田軍を播磨白旗城に釘付けにし、
その間に九州で体制を立て直した足利軍が再び東上してきます。

でその九州は福岡、多々良浜の戦いで、何と、高氏はこの菊池武重の弟、武敏を
破ります… 何とも不思議な縁で御座います。

結局、菊池氏も足利も幕府に対し不満を持っていたのは同じで、
共闘して幕府は破るのですが、その後、武家の棟梁、源氏の中でも
圧倒的な嫡流の足利源氏と傍系の新田氏、後醍醐天皇の専制とも言える親政と
それに抗う新たな武家の棟梁…

もう一回 ”悪党の裔” 読み直そうかな??

すうぇーでん
スポンサーサイト



テーマ : 熊本のこと - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する