今日は朝 地鎮祭でした

こんにちは。 播磨地方で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
今日は朝は地鎮祭でした。 地鎮祭は当然ですが神主様に来て頂き、御祭りして頂きます。
今日は加古川の厄神様が来てくださいました。

こんな素敵なビックルーフの家が建つ予定です。
bigroof tsama


始めてでしたが、厄除けの有名な神社様です。
由来はこうです。

天平勝宝元丑年(西暦749年)2月、第46代孝謙天皇の勅願所として創立された。
後神護景雲3年(西暦769年)和気清麻呂公が皇位を奪おうとする僧
道鏡の野望をくじくため、宇佐八幡宮へ行く途中、

当御社境内にて、道鏡の追手が追いつき、清麻呂公を襲おうとしたとき、
当山より一頭の巨猪が飛び出し、追手をことごとく蹴散らし、
難を逃れることのできた清麻呂公は無事大任を果たしたと伝えられている。

清麻呂公の難を救った猪を出した当八幡宮に対し何時の頃からか誰からとなく
厄除の大神として崇敬されるようになった。
以来、当御社の鎮座する所加古川市八幡町の名と共に、近郷稀な厄除八幡宮として、
毎年2月18日・19日の厄除大祭には全国各地から参詣者が後を絶つことなく今日に至っています。


なのです。 由緒正しいわけですね。 で、そもそも昔 僧 道鏡に皇位を譲る神託が
あった訳ですが、それを調べに和気清麻呂が宇佐八幡宮にいく訳です。
宇佐八幡宮は八幡宮の総本宮で大分にあります。 
八幡宮に真意を尋ねに行く途中に寄った、八幡宮だから助けてくれたのか?

八幡様は応神天皇の事で、実在が濃厚な最古の天皇と言われています。
日本が本当に古事記通り国造りがなされていたら、至る所にニニギや
アマテラス、イザナギ イザナミを祀る神社がある筈だが、八幡さんが多い。

そう思うと日本を武力で制圧して行ったのは応神天皇、又母の神功皇后達で、
統一の大方まで来てたんでしょうね…

昔は吉備の国と大和の国の境が加古川だったなんて話も有り、この加古川は
やや神秘めいた場所でもあるのです。

素敵なビックルーフが早く建つ事を願っている場長です。
すうぇーでん


スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する