FC2ブログ

when it's cold outside

おはよう御座います 播磨地方で輸入住宅ならお任せ スウェーデンホーム場長です。
今日の気温。
HI3D0014.jpg
11時なのにこんな外気です。 ちなみに中は18.7℃ 暖炉一台です。
暖炉自体はHANDOLって言うスウェーデン製の暖炉ですが、今はもう廃盤で
今はCONTURAってブランドで展開しています。

よく案内中に内のO主任が言っているトークで、暖炉が暖かい訳じゃなく、家が暖かい
ってフレーズがあり、確かにその通りなんですが、輻射熱をダイレクトに受ける場所に居ると
何とも不思議な柔らかい温かみを感じる。

暖炉というやや現実離れした代物がそう思わせる部分もあるかも知れませんが、1/Fの揺らぎで
燃える炎、徐々に黒くなる薪… 時々パチパチ弾ける木の音…
昼は柔らかく 夜はロマンティックです。

tamano type10
TYPE10 玉野ゲストハウスの写真です。

type10 hiraya
平屋の勾配屋根にあしらったTYPE10
このTYPE10シリーズは随分前に廃盤になり、上部にソープストーンが露出した
TYPE10Tが後継モデルで登場しました。

type10t hiraya
勾配天井の平屋に展開するTYPE10T どうも平屋の暖炉は格好よく感じる… 

white type10t
わちきハウスのTYPE10T この色バランスなら、白い暖炉が良かったが廃盤になってた…

molzo.jpg
何度か設置させて頂いた、morzo これは後から外気導入に改造しています。
燃焼効率の考え方は様々ですが、気密住宅内で暖炉を使用する場合、
住宅内の酸素を取り込む燃焼方式はやや危険なので、当社では外気導入を勧める一方
当社が通常採用している、CONTURAは最初から基礎下外気導入になっています。

日本の昔の家に囲炉裏があり、囲炉裏を囲みながら御飯を食べる。一日の事を話す。
囲炉裏の揺らめく炎が映し出す陰影が語りに一層深みを持たせる…

暖炉はそんな囲炉裏の雰囲気を持たせる不思議なアイテムです。
正月ボケで何を言っているか判りません…


すうぇーでん


スポンサーサイト



テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する