カトリックの建築

おはよう御座います。 最近ネタ切れ気味のスウェーデンホーム場長です。
しかし播磨地方輸入住宅NO1を目指します。

輸入住宅にも色んな様式やスタイルがあります。 それは日本の住宅普請にも、
入母屋 数奇屋 天竺様(大仏様) や唐様って感じであるのと同じ、
若しくは時代背景もありますよね。

日本は基本単一民族国家だから、近代にでもならない限り、中国以外の影響は
余り受けていません。 受けていても、中国のフィルターを通してやってくるので
アレンジされているわけです。 良し悪しは別として…

で、ヨーロッパはと言うと、ゲルマン人やローマ人(ラテン人) 地中海を挟んで
向こう側のエジプト カルタゴ… って感じで民族毎の特色も露骨に出てくる…
で、僕が見てきた中では…
ミラノ大聖堂
ミラノの大聖堂です。 これはゴシック建築なんですよね。 ローマからすれば
随分北側だから、ゴート族の影響を受けやすかったのかも知れないですが…
基本、地震のない国だから、かなり大胆な構造が展開できる…

mirano duomo maria at the top
ゴシック特有の四角い形状に天高く突き上げていくデザイン。
最高部には 金色のマリア様が鎮立されています。

僕が見たときは改装中だった為、全体のフォルムを見ることは出来ませんでしたが…
ゴシック様式の割には、竣工時期が遅く、ルネッサンスやバロックを通り越して竣工??
だから細部にはルネッサンスやバロックの派手な化粧やしつらいが見える…

もしかするとゴシックリバイバルの火付けだったのか???


ST peters cathedral
天高く突き上げるゴシックとは対照的に、ローマンリバイバルとも言うべき、
ルネッサンス バロック時代の代表建築 サンピエトロ大聖堂。 
ラファエロ サンティ  ミケランジェロ ブロオーナティーとルネッサンスの雄
2人から ジャン ロレンツォ ベルニーニに引き継がれた希代一の建物。

回顧主義ともいえるルネッサンスだけに、トラディショナルな風格がある。
また、ラテン独特のファッショナブルさがあると言うか…

同じ国の中に同じ宗教の中にこんなに違う建物がある… しかも様式が違う…
多分日本的な解釈だと、奈良時代の寺院と安土桃山時代の寺院を比較してるような
ものなんでしょうかね???

建築は本当に楽しいですね。 
月末で訳がわからなくなっています。
スウェーデン
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する