FC2ブログ

但馬の国

Takeda_castle_17.jpg

これは、但馬のお城、 ”竹田城” の写真です。 
ウィキペディアから拝借しました。(仕事中登った訳ではないですよ)
今日は、朝から但馬の国に行ってきました。 勿論、仕事ですよ。

法務局調査と、現場確認です。 現場が、このお城の近くで…
但馬地方は、冬になればずーっと行くので、小さい頃から竹田城は
馴染みがあるのですが、ハチ北しか行かなくなってからは、このお城の下は
通らず、山中を抜けるものですから、随分新鮮に見えました。

IMG_3354.jpg

この山の山頂を覆うように大郭になっていて、それは雄大です(って下からしか見たことない…)
少しウンチクを言うと、山名氏の居城から、羽柴秀吉の中国征伐に伴い落城、
一時は羽柴秀長(秀吉の弟)が入りました。

最も、秀吉の最たる狙いは ”生野銀山” だったみたいですが…
戦国大名の才たる人たちは、皆、鉱山を押さえています。
武田信玄は黒川金山  上杉謙信は佐渡の金山  毛利元就は石見銀山
そして、この生野銀山を最高の補佐役 小一郎秀長に抑えさせた訳です。

この辺りの遥かなるロマンは、
司馬 遼太郎 先生の ”播磨灘物語” 堺屋 太一先生の ”豊臣秀長” をご覧あれ。
乱世を生き抜いた英雄がありありと描かれています。

そう思えば、戦国武将は凄く働いたんでしょうね。 くそーっ 見習わないと…

IMG_3357.jpg


このお寺は竹田駅の真裏にあって、電車の車窓から見たら凄い綺麗です。
確か昔は鯉が泳いでいたような…

中学、高校時代、スキーに行くのは電車でしたから、良く見た記憶があります。
車に乗るようになって、ルーチン化された場所しか通らないわけですが、
こうやって、趣のある文化がしっとりと但馬の地にありました。

注文建築をやっていると、こうやって地域の風土、歴史に触れられ、楽しいです。
ちなみに明後日は朝から、大阪へ現場調査です。

太閤秀吉の通った路を行くわけですが、其れには遼に及ばないです。

いにしえの かほり由々しき 但馬路は 太閤の路 我は及ばす

どうだ、この句!! 最近 坂の上の雲を読んで、 正岡子規にかぶれたのだ!
ってヘタクソですよねえ…
失礼しました。

スポンサーサイト



コメント

竹田城

場長さんこんにちは。
僕は偶然にも先月但馬ヒルズことCASTLE TAKEDAに先月の産まれて初め登城してきました。
先日は大阪城に花見を兼ねて行って来ました。場長さんの影響でしょうか最近秀吉という男に
興味を持ちつつあります。ではでは。

No title

bombaye様、いつも有難う御座います。 是非、堺屋太一先生の、”秀吉” ~夢を超えた男~を読んでください。 司馬先生も最高ですが、吸い込まれるように読めます。 全4巻ですが、凄い面白いです。 その後、豊臣秀長読むとおさらいになっていいですよ。 秀吉のような偉人には到底及びませんが、人身掌握、普請事、管理、僕に無い才能全てがあり、憧れですね。 では、又、いつも有難う御座います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する