兄貴レポート@スウェーデンホーム

最近 僕の兄貴と仰いでいるY氏が、いろんな資料をくださいます。
Y氏 本当に心から感謝です。 m(_ _)m

以前にもお話しましたが、僕はこの会社で本社に勤務した事が殆ど無く、
課長連中では僕とスウェーデンホームのチーフデザイナーM課長、
あと大阪のN課長くらいがずば抜けて本社勤務をしていません。
ようはバーバリアンなんです。 

本社で研修の発表などを聞くにつけ、色々羨望することもありますが、シチュエーションが
違うだけで、兄貴Y氏のようにとんでもないキャリアを持つ方から研修に近いものを受けたり
教えを受ける機会をいただく事があり、本当に感謝 感謝なのです。

ツーバイ最高
この資料は、何とシェアを伸ばし続ける驚異的なツーバイフォーの着工戸数…
平成4年では プレハブ 252,398戸/年 に対し ツーバイ 52,933戸/年 ですが、
平成22年ではプレハブ  126,671/年 に対し ツーバイ 96,104戸/年 と
スンゴイ伸びを見せています。(これマジ凄いっしょ!)

Y氏の言葉を借りますと、住宅戸数の着工がドンドン減っている中でツーバイは伸びてる…
これは最早衝撃の事実としか言いようがない… 
Y氏からは流石 兄貴らしく 理由は? と投げかけられているが、バカ弟の僕には判らない…
兄貴~ 教えてくださいよ~



今回の住宅に決めた理由
で、これも兄貴からの資料… 今回の住宅に決めた理由(注文)の場合、
設備で一番の理由が 何と、高気密 高断熱!! その次が住宅のデザイン。
デザインについてはガンダムみたいな家(わちき流シンプルモダンの総称)もデザインなんだろうけど、

高気密 高断熱とはね… でもって、じゃあ本当に高気密 高断熱ってどうなの?
って言われると疑問が残る。 
そもそも在来木造で高気密なんて根本的に無理と思うし(和服でスキーウェアを作るようなもの)
熱橋の最たるものである鉄で家を作って高断熱なんて言われても…

外張り断熱の… なんて内部を見ると鉄のCチャンネルの熱橋を防ぐ為程度だもんね。

そうなると結局残るのはツーバイって事になる。 ただし高気密 高断熱の副産物である
湿気、結露に疑問が残る。 だから、ベイパーバリア 外部通気、ベンチレーション、
まあこれはどこでもやってますが…
その上に当社では… って事です。
sennri kaitai kabe
これ、千里の展示場解体時の写真。 築3年でしたが、壁は全く湿気なし。

話は飛びましたが、結局、選んだ理由が高気密高断熱になると自ずとツーバイのシェアが増える。
そういうことですかね… 兄貴…

そう思うと、本当に頑張ってこの家を建てて頂かないと、と思います。
わちきももう40歳… 残された営業マン人生をこの商品に賭けていきたいと思ってます。

40歳か… 名実共にオヤジやなあ…
すうぇーでん
スポンサーサイト

テーマ : 日常日記 - ジャンル : その他

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する