フランク ロイド ライト 的な家

ども、姫路で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
今日はアーキテクト フランク ロイド ライト について…

robbie outside
有名な彼の作品の一つ ロビー邸です。 ライトといえばカウフマン邸(落水荘)や
帝国ホテル タリアセンなどが有名ですが、どうも、このロビーは何故か好きです。

robbie plans
水平ラインを基調にしたデザインや、微妙に間仕切りが無い空間。
スウェーデンホームとやや共通点があり…(こじつけか?)

stairway robbie
モールドデザインと言うよりは横を強調する為にデザインしていますよね。
水平ラインを基調にって言うか… よって当然天井高もやや低い
バカみたいに天井高をアピールする工務店とは随分違う。

robbie inside
部屋の隅には、ロビーⅡといわれるブラケットが凄い量付いている。
家のために照明までデザインしてしまうのだ。

まあ、ミケランジェロやベルニーニは建物 絵画 彫刻 全てですが…

そう思うと建築家はオールラウンドである必要があるんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する