FC2ブログ

スウェーデンとの思い出と出発

こんにちは。 月末で壊れかけのスウェーデンホーム場長です。
スウェーデンホームに携わらせて頂き、早10年が経ちました。 早いものです。
今でも初めて見た、玉野ゲストハウスが出発点で、今でも大好きなモデルハウスです。
first impression of my mind
今はこのモデルハウスは黄色く塗り替えられましたが、当初に我が師匠、T部長が提案した
このブルーグリーンの配色が大好きで、職権乱用で未だこの色でHPはアップしてます。

スウェーデンをするまでは僕は入社2年目から北米系の輸入住宅を当社で扱っていました。
アン***の窓、**ドの玄関ドア、マ***の窓ETC… 円高を背景に日本に入ってきた
北米建材を使い輸入住宅販売をしていました。

確かにアメ物なので派手で格好いいが、歪やクレームが多く、又、商品を輸入するのも商社
なので、商社自体、輸入したもののクオリティまでは判らないことが多く、結構大変だった

その後、分譲住宅のセクションに配置され、見た目だけ輸入住宅チックにして、街づくりを
してみた。 事実、好評だった。 自分自身、実際の北米輸入住宅も販売し、ノウハウも
それなりにもっているつもりで、適当に輸入っぽい外観の設え方も判り、30前の僕は
超鼻高々の ”なんちゃって輸入住宅マスター” になっていた。

そんな時に、当社の岡山支店でデフュージョンした後本格導入した
スウェーデンホームに出会い、この玉野モデルハウスを見た。 そしてT部長にも会った。
自分の鼻が ”ポキッ” と折れるのが判った。 

ただ一方でこんな強烈な物を売れるノウハウが有る人が当社に居るとも思わなかったし、
そんなお客様が沢山居られる気もせず、当時の姫路支店では導入を見送った。
僕が29歳の時だ。 ”エンドユーズはなんちゃってで十分” そう思ってたのと、
自分自身には不可能と思うのとだった。

しかし、岡山では好調にこの商品は売れていった。 凄いと思う反面、不思議な思いがあった
で… 奇しくも2年後、31歳の時に岡山に転勤になり、この商品を扱うことになった…
構造や技術的な事は若い頃にツーバイを扱っていたこともあり、岡山の連中に負ける気は
しなかったが、あくまでも机上論、実際は在来軸組み工法がベター(ベストじゃない)
と思っていた。

しかし、事実この展示場に入ると、エアコン1台で冷暖房してたり、建材もアメ物みたく
歪が無い。 論より証拠、改めて凄いと思った。 しかし最初はコストパフォーマンスの
高い、在来+輸入建材=なんちゃって輸入住宅をお客様に提案していた。

でもいよいよ本当のスウェーデンを売らせて頂き、お引渡しをし、自分のなんちゃってが
間違いだったと気付いた。 それを求める人も居るのも事実ですが、逆に本物を求める人が
スウェーデンの展示場に来られている。 要はパッチ物が欲しい人は当社のモデルには
来られないのだ。 

欧米の高気密高断熱を実現するには枠組み壁工法しか不可能と言うのも自分の定義になった。
その最期の味付けが窓であり、木製3重サッシがベストと言うことも判った。
そしてそこで発生する結露を調整するのが天上パイン材と言うことも…

自分が家を建てる際も、スウェーデンホーム姫路展示場の場長だから当たり前だが、
自分には分不相応と判りながらも、スウェーデンホーム以外の選択肢など頭になかった。
そして今、心から満足して住ませて頂いている(ローンはきついけど…)

見た目だけほどくだらないものは無い、見た目も良く、住み心地も良く、長く持つ。
初期投資は高くつくが、結局長い目でみればそれが良いということも判った。

今もこの家、スウェーデンホームがベストと言う思いは変らない。
これからもおそらく変らないだろう。

このT部長が日本にもたらし、発展させたスウェーデンホーム。
そしてこの玉野モデルのキューパスタイル。
未だに惹き付けられてしまう。

頑張ります。 スウェーデン


スポンサーサイト



テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

ライト 最高!!

こんばんわ。 スウェーデンホーム場長です。 先日、ライト設計の山邑邸を見ていこう、
ライトの熱が冷めず、又、お世話になっている師の一人 MS/Y氏からレコメンデーション
もあり、ライトのDVDを買ってしまった… 月末で小遣い無いのに…
因みに財布にはもう4円しか入っていない… 
wright dvd
このDVDは山邑邸でも流れていて、ライトの建築への真摯さがあり…
買ってしまった…

ライトは天才建築家であり、演出家であり、時には浮世絵のバイヤーであり…
しかし、彼の建築に対する真摯さ、情熱、そして出来た作品の見事さ… 感嘆するしかない
で、波乱万丈の人生… 挫折からの完全復活…

本当に素晴らしいDVDだった。 改めて建築に携わらせて頂いた事への感謝と
誇りをもてた。 

”建築は不死身” 彼の作中での言葉ですが、正にそう。 作者が死んでも行き続ける。
但し、本当に素晴らしい建築じゃないと… とも思う。 だから僕も素晴らしい、
素敵な建築、美しくてクラシカルで強い建築を作ろうと思う。

wright aged over90
91歳のライト。 彼は92歳で亡くなる寸前まで建築家であり続けた。 目が遠くなっていても
ドラフターに向かったと言う… しかもこのダンディーな服装。(彼は相当な伊達男だったらしい)
DVDでも、ツイードやコーデュロイの服を良く着ており、僕の敬愛する人、落合正勝先生
オーバーラップする…

guggenheim museum of art
彼の遺作となった、グッゲンハイム美術館
凄い!! の一言だった…
僕もマンハッタンの大学に居たこともあったのに、存在すら知らなかった・・・

ライトは米国人であり、歴史的建造物の溢れる欧州で育った訳でもないのに、
世界最高の建築家の一人として名を馳せている…
本当に凄い。 最期は涙が止まらなかった。

僕も、60歳と訳のわからない事は言わず、死ぬまで建築屋であろうと思う。
建築の素晴らしさを教えてもらった一作です。
ライト最高!!


すうぇーでん

テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

どうもライト熱が冷めない。

こんにちは。 スウェーデンホーム場長です。 昨日、ライト設計の
山邑邸を見て以降、ライト熱が冷めない… とんでもない領域を見てしまった
としか言いようが無い、見事な設計でした…

で、当社でライトを使わせて頂いた作品を紹介しようと思い…

taliasen robby
玉野ゲストハウスに飾られているシャンデリア。 タリアセンです。 そもそもは
ライトが二度目に自分の家&オフィスとして建てた、タリアセン(建物の名)
のホームスクールにあしらわれたもので、ライト特有の定規と
コンパスでかき上げたようなデザイン(これは曲線は無い…)

しかもこの照明は、木と電球のみで作り上げられていますが、見事な光と
美しさがあり、夜に見るとロマンティックの一言…
tamano taliasen
以前にコンデジで撮ったショットですが、本当に美しかった。
見惚れてしまいました。 値段も凄いが、こんな美しい光は正にライト!

taliasen robby 2
この、タリアセンの両脇に2対で並ぶブラケットライトが、これまたライトデザインの
ロビーです。 これはライトの前期の代表作ロビー邸の
為にデザインされた照明で、いわばライト前期の代表作です。

で、前述したタリアセンはライトの低迷期から黄金の後期へ繋がるスタートとして
建てられた建築物の為にデザインされたもので、この時期の違う2つの同一デザインに
よる照明がまるで時間軸を外したように玉野ゲストハウスに佇んでいる…

この建物を設計した我等が師匠 徳永善昭部長も 実はこのモデルの調度品から
照明、全てを自らの手で手掛けています。 そしてこのリビングには、全てのデザインを
手掛けた ライト の照明が飾られている。

ライトに相通じますよね。 僕も最高の建築をお客様に提案していきます。
スウェーデン

テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

フランク ロイド ライト の遺構を見てきました

こんにちは。 スウェーデンホーム場長です。 今日はフランク ロイド ライト設計の
ヨドコウ迎賓館に行ってきました。 

ライトを知ったのは新入社員の時、某有名輸入系住宅メーカーの商品がライトの
設計を意識していると聞いた時でした。 最初はへーって感じでしたが、輸入住宅に
携わるようになり、クラシカルな雰囲気とはやや違いますが、ライティアン建築に
徐々に惹きつけられるようになり…。

お世話になっている輸入住宅スタイルブックの今回の特集がライト設計の帝国ホテルで
良く見れば、芦屋にライト設計の建物があると書いてあり…
無理やり嫁を連れて行ってきました。

yamamura resid
山邑邸です。 今はヨドコウ迎賓館として一般公開されています。 
ライトの本物の建築を見るのは初めてで、凄く興奮しました。
大谷石とRCのバランスが何とも言えない… 正にライトの言うオーガニックアーキテクチュア

yamamura resid (1)
ロビー邸を彷彿とさせるマホガニーであつらえたモールディング、実は上に無数の
小さな光窓が並んでいます。 撮影が下手で申し訳ないですが、見事な風景が見えます。

yamamura resid (2)
幾何学模様のような飾り棚にライト設計の照明 タリアセンが置いてありました。
ウォルナットの方が合ってたような…

yamamura resid (3)
ライトが帰国したあと、和室の要請があり、弟子である 遠藤新が設計したらしい和室。
不思議な空間でしたが、とても美しい…
*実はライトはこの山邑邸を基本設計のみ行い、帰国してしまったらしい。

yamamura resid (5)
これぞライトって感じの食堂です。 照明の両脇のオブジェと暖炉前のオブジェ、
モールディングが見事としか言いようが無いです。

yamamura resid (8)
バルコニーからの風景。 

yamamura resid (6)
神は細部に宿るといわんばかりの見事な造作。 
実はライトは優秀な設計士であると同時に、照明器具のデザイン、家具のデザインもし、
帝国ホテルにおいては食器のデザインまで行い、建築をトータルに考えていました。

これはコルビジェも同じで、もっと遡ると、建造物の絵画や彫刻までした
ミケランジェロにも共通する…

そしてライトは優秀な技術者でもあったらしく、現場に頻繁に足を運び、コンクリートの
打設や、配筋までも指示したようです。

結局建築は側面から見るのでなく、他方向から見ないと判らないと言うことだし、
細部から大きなデザインまで見ることができないと駄目と言うことなんだと思います。

この建造物に、結局3時間いてしまい、何度も絶句する仕上がりや納めがあり、
動けなくなった、時には涙が出ました。
100年前の建物が普通に建っていて、今見ても素晴らしい建物で…

もっと建築に真摯に取り組もうと思えました。
尊敬し、敬愛するライト。 彼は偉大でした。

スウェーデン

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

随分時間が経ちました

こんにちは。 スウェーデンホーム場長です。
スウェーデンホームと言う商品に従事して10年が経ちました。
当社が扱いだした当初から言うと古参ではないのですが、今では最古参の
一人になってしまいました。 

1外観006

そもそも平成元年に今の当社の事業部長であるT部長がスウェーデンから導入したのが
始まりです。 

その後、岡山ではこの玉野モデルハウスが最も古く、大方築14年になる。
そして岡山RSK展示場 大阪千里展示場を経て 姫路キャスティー展示場が出来ました。
キャスティー展示場も築9年目になり、今では播磨地方のスウェーデンホームは130件近くに
なりました。 

スムーズではなかった事もありましたが、生まれ育った姫路の町にスウェーデンの住宅を
建てさせて頂ける事は本当に有り難い事だと感謝しています。
パンフレットやPOPを作る際も、当初は岡山の画像ばかりでしたが、
今では本当に素敵なたくさんの完工例があり、感謝する次第です。

今では、当社の外観のみを模倣する家も出てきたりして、何とも複雑ですが…

展示場にレイアウト用のポスターを変更するのに写真をみていたら、ふとこんな事を
考えてました。 月日が経つのは早いものです。

月日の経つのに比例して進化していかないと!!

すうぇーでん

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

家具 スウェーデンホーム

おはようございます スウェーデンホーム場長です。
昨日から上大野モデルハウスに宿泊がありましたので、今日はチェックアウトに
行ってきました。 暖かくで良かった。

上大野モデルハウスは当社がスウェーデン本国と提携している家具を直輸入で入れています。
結構、大きくて、特にダイニングテーブルは凄く大きく、又ソリッドなので格好いいです。
普段は塩ビシートをかけていますが、今日は外してちょこっと撮影しました。
家具FROMスェ-デン
テーブルの鏡板が古材っぽくて凄くカッコイイ~

家具 FROM SWEDEN
こんな感じでカタログには出ています。
当社建物をご契約頂いたお客様には、ご購入頂けるシステムです。
徐々に円安なので、今がチャンスかも??

自然素材はやっぱりいいものです。 人間が自然素材で構成されてるだけに…
すうぇーでん

テーマ : 建設業 - ジャンル : 就職・お仕事

一押しリビング

こんにちは。 スウェーデンホーム場長です。
姫路キャスティー展示場を出展させて頂いている運営会社より、
店長の一押しの画像と言うことで要請が御座いましたので、撮影してました。
一押しリビング
暖炉を焚いたリビングです。 今年は寒いので、特にこの恩恵が判ります。
詳しくは、こちら

暖炉って普通は夢物語ですが、当社では結構人気アイテムです。
又、展示場に覗きに来て下さい。

すうぇーでん

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

本を買いました

こんにちは。 スウェーデンホーム場長です
world design house5

先日、本を買いました。 輸入住宅スタイルブックです。
当社も何度か掲載して頂きました。

出版や、ディレクションを、されている、Tプランニング様とはちょこちょこ情報交換を
させていただき、色々と勉強をさせて頂いています。

輸入住宅の雑誌は、今はこの輸入住宅スタイルブックと、リクルート社の
輸入住宅を建てるだけといっていいくらい少なくなってしまいました。
ナカナカ厳しい状況ですよね。

不景気やデフレで、ローコスト系の住宅が台頭し、同時に住めれば良い、
外観だけ良ければ良いって家が巷に溢れてきて、それはその人の価値観だから
仕方ないのですが、何とも複雑です。

良いものを出来るだけ安くは、私自身のモットーですが、どこまで仕様を
下げるべきなのか? は、いささか悩みます。

この本、じっくり読んで、新しい商品の参考にします。
しかし、上には上が居ますよね。 でも負けませんよ!!

すうぇーでん

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

black & white

敢えて白黒にしてみました。 これはこれで有りかな…

11.jpg

このモノトーンにこの音楽… どうすか?













すうぇーでん

おめでとうございます

おはようございます。 スウェーデンホーム場長です。
昨日は昭和住宅グループの新年会でした。
ちょこっとワンショットしました。
DSC_0095.jpg
左から わちき スウェーデンホーム事業部長兼ユーロヒュース社長 徳永氏 元僕の上司
今は、本社商品開発課課長のM氏です。男前2人に悲しいわちきです。

実は3人とも、共通点があり… 着ているスーツ、シルエット、ファブリック全て
違いますが、同じテイラーで作って頂いています。 
岡山のエル ガルディと言うお店です。

僕のスーツはいわゆるアイビースタイルです。(一応元アイビーリーガーだからね…) 
ややストンとした真っ直ぐなシルエット
3つボタンの真ん中一つ掛け。 5MM巾のステッチを入れて後ろはフックベントに
しています。チェンジポケットも付いてます。
今はトレンドじゃないけど、僕の好きなスタイルです。

徳永氏はオールドイタリアンシルエットにブリティッシュファブリック。
今年ブレイク中のスコットランドツイードのハリスと並び賞される
アイリッシュツイード、ドニゴールのホームスパン地に革ボタン、
緩やかなシルエットに柔らかく強いツイードが相まって凄く格好いい。
ラペルのフラップが付いていて、そこが又ブリティッシュ!!
イタリアンとブリティッシュの見事な融合です。

M課長はこれまた渋い! 流行のクラシコイタリアンシルエットに、不変のファブリック
フランネルのライトグレー!! 袖は写ってませんが、4つボタンの本切羽。
一番手前のボタンホールの色を変えて、一番奥だけは切羽になっていない
ハイゴージにして完璧なクラシコシルエットにして、味付けはチェンジポケット。

実は、社長とM課長がバッチリまとまっているのは、スーツも良いですが
着こなしにあります。 

M課長のスーツの襟は凄く細いです。 これは今流行の襟ですが、ネクタイも細い。
これはラペル巾=ネクタイの巾と言う鉄則をしっかり守っているからです。
シャツの襟もワイドスプレッド気味なのですが、実はこれもクラシコの鉄則
襟の角度は160°と言う規則に順じています。 
スーツのゴージ位置も首筋から9CMと言う鉄則を守っており、最早パーフェクト!!

M課長は設計士で、凄く細部に拘った建物を作られます。着こなしも正にその通りで
細やか部分を完璧な鉄則で固め、チェンジポケットで遊ぶと言う見事な仕上げ。
昭和一の伊達男にして完璧ないでたち。


対して社長、スーツのラペル巾とタイの太さはバッチリ合わせつつ、胸ポケットは
ラペルで 1/3 以内で隠す本来のスタイル。 ボタンダウンのシャツは正装に非ず
と言う鉄則を知っておられるが故に敢えてスナップダウンにしシングルノットで結んだ
タイをふわっとエレガントに見せている… 凄い!!

M課長は服屋さんで学生時代バイトされていたのもあり、徳永社長は某百貨店の
装飾設計部に居られただけに、着こなしは抜群ですが、共通点は、基本の鉄則を
押えつつ、そこに自分のアレンジを加えておられるところです。

これは建築でも同じで、基本の鉄則にアレンジを加えて美しく見える訳ですね。
よってこの両名の建築物は本当に美しい。

しかし、今はこの鉄則を知らない設計が多かったり、知ろうとせず、いきなりアレンジから
入る人が多いですよね。 基礎がないのにアレンジするから仕上がりは…

住めれば良い家を求める方には関係無いかも知れませんが、当社の家の作り方は
そうじゃないってところに今後も拘っていきたいと思っています。

そう思うとこんな素晴らしいスーツを作るテイラーの真似をしながら
テイラーメイドの家作りをしていこうと思いました。

新春早々この二人には脱帽です。 頑張ります

 すうぇーでん

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

あけましておめでとう御座います

DSC_0039.jpg
あけましておめでとう御座います スウェーデンホーム場長です。
ことしも宜しくお願い申上げます。


すうぇーでん

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用