FC2ブログ

昨日は納会でした

昨日は昭和住宅グループの納会が宝塚温泉でありました。
昭和住宅、分譲住宅、注文、スウェーデン、外食事業部…
ナカナカ一同に会する機会は少なく、有意義な話もできました。

朝、起きて素敵なサンライズを観る事ができました。
sunrise@takaraduka.jpg
武庫川河畔に上る太陽です。

阪神地方にはスウェーデンホームは多くあります。 多くは大坂千里時代に
建てて頂いたものですが、僕もこのあたりで2件担当させて頂きました。
播磨の土着民の僕からするとどうもこの阪神地方が雅やかに感じる。
事実雅やかなんですが…

今はネットも充実してきて、阪神地方からもお引き合いもあり
営業はスウェーデン姫路から行かせて頂いております。
阪神地方などの遠方の営業はクルージング感覚でいくので、
又、楽しいのです。

今日もこのサンライズを見た後、クルージング感覚で帰りました。
今日で年内業務は終了です。
今年一年間 有難う御座いました。 来年も宜しくお願い申し上げます。
すうぇーでん
スポンサーサイト



Today I called on my old customers

こんばんわ 播磨地方輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
今日は朝から神戸のお客様を廻らせて頂いてました。
スウェーデンに僕が携わらせていただく前のお客様です。

昭和住宅の旧神戸営業所のメンバーはいまや僕と現在スウェーデンホームの
チーフデザイナーのM課長だけで、年末のご挨拶は自分のみの仕事になってます。
で、その神戸のお客様の一邸が須磨の高尾台にあります。
今日、お邪魔していました。

高尾台は須磨の離宮公園の隣にあり、海岸線沿いの丘陵地なので、
見事な風景です。 こんな感じです
beautiful view

で、離宮公園には色んな個人的な思い出があり、僕が高3の頃、当時の彼女、
今の嫁さんと初めてデートした場所で、また今更ながらはまってる
華麗なる一族の万俵財閥のモデルと言われる岡崎財閥の邸宅のあった場所です。


view from kouenn
これが離宮公園の噴水から見た神戸の街。

view from umi
これが華麗なる一族のドラマでの万俵邸から見た神戸の町並み。

当然、離宮公園をイメージしながら作ったCGでしょうが、妙なシンクロシニティを感じる…
PDVD_019.jpg
華麗なる一族のドラマの中でキムタク扮する阪神特殊製鋼専務 万俵鉄平の話の中に、
”資源のないこの国が世界で戦うためには技術を磨くしかない”って台詞がある。
僕はこの言葉に心から共感を覚えました。

営業トークや接客のスキルも大事なことですが、飯屋に例えるなら、美味しいご飯を
安価にて提供できれば繁盛するはずですし、旨いご飯を目的に食事に行く人が大半で
過剰な接客を受けに食事に行く人は少ないと思います。


自分自身、まだまだその心境に遥か及ばすですが、格好良くて、機能性に満ちた家を
提供して行きたいと日々思っています。 

また、その華麗なる一族のドラマの中で、”理想と信念を持ったものが策謀だけの
人間に負けるはずがない” とも言っています。

僕も及ばずながら、格好よくて機能性に富んだ家を創っていく理想と、
良いものは必ず世間に認められると言う信念を持って、残されたサラリーマン人生を
このスウェーデンと言う住宅に賭けていこうと思います。

僕は昭和住宅の中では、在来も経験し、KESなんていうハイブリッドも経験し
和風の本家普請から分譲 注文 すべての工法、部署に携わりましたが、
スウェーデンの家は心から良いと言える商品です。

この商品に関われて、心から良かったと思っています。
理想と信念を持って、この商品を提供して行きたいと思います。

すうぇーでん

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

暖かい家と暖炉と 寒い家と石油ファンヒーター

こんにちは Merry Christmas スウェーデンホーム場長です。
今日はクリスマス イブですね。 展示場では暖炉が活躍しています。

サンタさんは煙突から入ってきてプレゼントをくださる訳ですが、これには
そもそもある逸話があります。

4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教、教父聖ニコラオスの伝説が起源である。
ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、
三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。
ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。

このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。
この金貨のおかげで娘の身売りを避けられたという逸話が残されている。
靴下の中にプレゼントを入れる風習も、ここから来ている。


よって、煙突から入ったのは金貨であり、サンタさんでは無いんですよね…

暖炉の煙突(煙道)はそんなに広い物ではないのです…
暖炉 handol type 10
で、暖炉… 暖炉が暖かいのは、いや当社の扱う蓄熱併用式外気導入型暖炉が暖かいのは
理由があります。

先ずは当たり前ですが、炎の暖かさですな。 これは輻射熱といわれる物で、
太陽の光なんかもそうなんです。英語で言うとradiant rays ですから、光な訳です。
太陽の光もそうですが、物体に当たって熱化すると言うか何と言うか…

暖炉の炎から出る光(radiant rays 遠赤外線)が、前のソファや後ろの石、床に当たり
熱化する。 周りのものが熱を帯びて暖かくなる。 こういうわけですね。
ですから焚き火に当たると暖かいのは、自分の体に光があたり、熱化するからです。

冬の屋外で焚き火をして暖かいのは物体を(人体を)直接暖めるから暖かいのです。
一般に輻射熱の体感温度は気温より2度ほど暖かく感じるらしいです。
まあ、フッツーの暖炉はこの輻射熱で暖めるわけです。

しかし、この暖炉のナイスな所は中に石鹸石(ソープストーン)を張り巡らせ、
その石に蓄熱させている点です。 そもそも石鹸石は窯の中の温度に耐えるように
貼っているのもありますが、その石に蓄熱させる意味もあるのです。

だから暖炉の火が消えてもしばし蓄熱で暖かい訳です。 でも実は蓄熱させるには意味が
あります。
mechanism handol
これが実はメカニズムなんですが、その温まった(熱い)石に下からファンで空気を送り、
煙道のカバーの際から空気を暖めて送り出しているのです。
石油ファンヒーターと良く似たシステムですな。

よって、この暖炉の暖房の仕組みは空気そのものを暖める、エアコンや石油ファンヒーター
の様な熱を放出して暖房するに加え、焚き火の輻射熱で暖めると言う、凄いメカニカルな
暖房器なのです。 見た目はクラシカルですが凄いんです。

しかも、石油ファンヒーターは室内の酸素を燃焼させているので、酸欠になったり、
一酸化炭素中毒なんて事も有りえますが、当社の暖炉は外気導入型なので、
室内の空気の汚染はありません(薪をくべる時は開けますが)

外気導入が最初から成されている暖炉は珍しく、後から加工して対応するものは多いですが
高気密高断熱に非常にマッチしています。

しかも基礎の下から空気を入れるので、基礎下の換気にも一役買ってたりします。
しかも暖炉内が熱くなり上昇気流が発生しますが、暖炉内には煙突と基礎下の空気
導入口しか外気の流れる場所が無い為、上昇気流がターボチャージャー宜しく
凄い勢いで基礎下の空気を取り込みます。

で、その外気導入口は釜の真下にあるので、酸素の供給が非常にスムーズなんです。
そう、車のエンジンで言うとDOHCよろしく燃焼効率がいいんです。

わちきは家も仕事場もスウェーデンホームですが、事務所は普通の木造なので、
メチャメチャ寒い!! 床暖も入ってますが、スポットなので、入ってない所は
底冷えしている…

寒い時期はこの家の暖かさが身に染みてわかります。

すうぇーでん






建て方でした

こんばんわ。 姫路で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
今日は棟上 建て方でした。 

枠組壁工法なので、1階床プラット 2階床 でこの写真は2階パネルを
組んでいるところです。
パネルワーク
年内最期の建て方で、非常に寒かったですが、こんなときこそスウェーデンホームの
本領発揮だと思います。 

パネルによる徹底した気密化、それとこの後行う、一回り以上上の断熱施工。
僕自身は、在来軸組みもやってますし、この枠組、RCも扱いますが、
改めて色んな側面からこの建物を見ると、つくづくこの建物がいいなと思う。

大事なことは費用対効果もですし、外観もですし…
今までも これからも素敵な家を建てていかせて頂きたいと思います。

南無大師遍照金剛。

スウェーデン

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

この前テレビでやってらしいですが…

こんにちは、姫路で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
先日、お客様との打合せの中で、借りぐらしのアリエッティの話になり… 
ジブリの作品なんですが、舞台が明治 大正時代に建てられた洋館で、凄く格好良い。
昭和初期の洋館
最近の輸入住宅ではないんですよね。
神戸の異人館よろしく、設計士が外人で、日本のテクチュアを使って建てたって
いう感じで、良い意味でハイブリッドなんですよね。

koube ijinnkann
これは神戸の異人館ですが、やっぱり画像同じく屋根は燻し瓦… 神戸だけに
淡路の燻し瓦は入手しやすかったんでしょうね…

家 ありえ
結構ディテールも渋い。 腕木も出ていて、軒裏もハーフティンバーをしっかり出している。
塔屋の方は、銅葺きの板金仕上げ。 ナカナカ凄い描写です。

勾配天井の部屋
主人公 翔の部屋。 何とビックルーフの勾配天井なのだ!!
腰板をあしらったイングランド調 ローラアシュレイっぽくで良いよね。
本当に良く描写していますよ。 素敵…

素敵なドールハウス
ドールハウスの中。 思いっきりバロックですが…

でも凄く良い感じです。
神戸に行くとこんな感じの古い洋館を良く見かける…
いつも思うことですが、こうやってこだわった家というのは
時を経て美しいし、心を奪われてしまう。

僕も時を経て美しい家を建てていかせて頂きたいと思います。
情熱と信念を持って!!

スウェーデン

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

ジュエリー教室を行いました。

おはよう御座います 播磨地方で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
今日は朝からキャスティー住宅展示場でカルチャースクールを行いました。
じつは初めての試みで、展示場で暖炉や木の雰囲気を味わって頂きながら可愛い手作り
アクセサリーを作っていただくというイベントです。

今日は前川仁美先生にお越し頂き、こんな素敵なアクセサリーを作るイベント。
salon de allumer 前川先生のホームページです。綺麗なアクセサリーが一杯!!


前川先生の素敵なアクセサリーやこんな掲載された冊子も持ってきてくださいました。
jewery box beautiful
スゲエ!! これが手作りとは思えない…

layout  books

男の僕が見てもいいな~って思います… しかも世界に一つってところが良いですよね。

こんな感じで先生もセッティングしてくださいました。 有難う御座います。
set simasita

最初はこんな感じ… 
kit.jpg
これを先生の指導の下、作品に仕上げていきます。

ナカナカ悪戦苦闘中の作成風景…
sakuseihuukeiモザイク

完成!! こんな可愛いネックレスになりました!!
kanseihinn beautiful

mom__daughterモザイク
お母さんとペアのネックレス!! 可愛い~

前川先生は普段は自宅のサロンでレッスンをされていますが、今後も無理をお願いして、
当社のカルチャー教室を開催して頂く事になりました。 有難う御座います。
近いうちに第2回salon de allumer教室を開かせて頂く予定です!!

深緑の木の香りと暖炉の柔らかなぬくもりの中で、綺麗なアクセサリー作り、
今回先着順で駄目だったお客様も次回是非 お越しくださいね。

salon de allumer
スウェーデンホーム

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

winter heat@sweden-home

おはよう御座います。 師走も早いし、歳をとるのも早いスウェーデンホーム場長です。
輸入住宅を播磨地方で扱っています。

先週から展示場の暖炉に火を入れています。 スウェーデンホームの高気密 高断熱と相まって
凄いパワーを発揮しています。
danro handol hokahoka
やや、非現実的ですが、最近導入されるお客様が多いです。 家にしろ服にしろ何か
楽しい事が無いと面白くないですもんね。

danro kanban
展示場の看板もこんなん作りました。 Y女史の作品です。 Yさん サンキュー!

最近、若い社員に勉強会を行っていて、いろんな事を教えながら、改めて
スウェーデンホームは凄いなあと再認識しています。

同じ高気密 高断熱の窓でも、内外樹脂のペアは紫外線劣化を起こすし、北米製は
粗悪な場合が多い。 3重サッシでもオール木製は腐る。
同じ枠組壁工法でも、ショートパネルでは意味がないし、断熱材の充填方法が
理に適ってない会社が多い… いや これマジで…

暖炉だってそう。 高気密住宅が増えてきているのに、外気導入がオプションの
暖炉や、オールホーローで、躯体劣化を起こす暖炉…
煙突でミスファイヤする暖炉…

そう思うと、やっぱり良い家だなあと思います。
寒い中ですが、土日は暖炉を焚いていますので、是非お越し下さい。
すうぇーでんほーむ

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

temperature of sweden home

Good Morning 播磨地方で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
朝掃除してるとふと目に付きました。 展示場内の温度計です。
tempture.jpg
これは上部が外気温 下部が室内温になっているものです。
展示場は火曜の夜から暖房はしていません。

とはいうもののスウェーデンホーム。 温かいのがウリなので、
朝来て、リビングのエアコンを付けて10分後…
ダイニングの状況です。

凄いですよね。 入った時は温かいなとは感じましたが…
数値で表すとこうなります。

ちなみに僕は昨日家内方の法事があり、出席したのですが、メチャ寒い!!
まあ隙間だらけの家ですから仕方ないにしても、石油ストーブが効かない。

ちなみに、僕の家内の妹夫婦の家もスウェーデンホームなので、
寒い 寒いと言っていました…

僕は家も仕事場もスウェーデンホームなので超快適でありがたいです。

冬は、つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。
霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、
炭もて渡るも、いとつきづきし。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、
白き灰がちになりて、わろし。


枕草子の冬の場面ですが、スウェーデンホームは朝から温かいから
火など急ぎともす必要はありません…
清少納言様がスウェーデンに生まれてたらこんな素晴らしい
随筆は出来ていなかったんでしょうね。


輸入住宅はスウェーデンホーム

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

新しいカレンダー@SMBC

ども、播磨地方で輸入住宅ならお任せ スウェーデンホーム場長です。
今日はいつもお世話になっている三井住友銀行 姫路ローンプラザで
恒例の大好きなカレンダーを頂きました。 Y氏~ 有難うございます。
m(_ _)m 

一昨年は大好きな ヴィンセント ヴァン ゴッホ で去年は クロード モネ
と、ナカナカセンスがいい。 流石は世界のメガバンクって思います。

で、今年は何と!!
paul cezannne ki
セザンヌでした。
ジャ ド ブファンの庭の木 って言う絵です。 セザンヌでこんなのあったかな??
見たいな感じですが、モネもゴッホもそうでしたが、有名どころの画家でくるけど
作品はマイナーにくる。 やりますよね… モネも睡蓮じゃなかったし…

セザンヌって言うと印象派って思ってましたが、ポスト印象派なんですね…
しかも、プロヴァンスで描いてたらしく、アルルで描いてたゴッホに通じるような…
鮮やかな色使いと、タッチが素敵ですよね。

僕も絵は大好きですが、描くのは最悪に下手ですので、見るのが大好きです。
ゴッホ モネ シャガール ミレー…
最近の絵ではベタですが、トーマス マックナイト

可愛い絵が似合う家を建てていきたいです。
すうぇーでん


テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

吉野窓

こんにちは。 実は和風も大好きなスウェーデンホーム場長です。
一概に和風と言っても、この播磨地方で建てる和風の家は、一般的に、
本家普請って言われる、入母屋が多く、豪農の家を模した物が多い…

僕も和風は随分担当させて頂いた事が多かったのですが、京入母屋や
草庵風の和風は実はまだ… 

侘び茶といわれる草庵風茶室は千利休が大成させたものですが、
武野 紹鴎や村田珠光などいわゆる 草とか、数奇屋と言われる形態は東山文化の
建築に姿を現し始めます。

東山文化や 草庵のアイテムとして 吉野窓があります。
吉野窓@東福寺
基本的に丸窓なんですが、外に障子がある以外は特に装飾は無い
(そとに障子を付けないと雨仕舞が悪い…)
で、中は基本 草のつくりだから土壁の大壁って感じで…

何か丸窓ってベタなイメージでしたが、最近妙に奥ゆかしく感じる。
僕が見た吉野窓は、この祇王寺の窓
吉野窓@giohji
内障子の納まりなので、内部に雨が染みてる… まあ、鎌倉時代の寺だし仕方ないのかな…
奥ゆかしい建物やその納まり。 ゆっくり見て回りたいなあ~



すうぇーでん

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

今日の景色

こんばんわ。 播磨地方で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
今日は今は播磨地方、戦国時代は備前(?)だった、赤穂、上郡にいってました。
安室川の綺麗な水面と智頭線、紅葉した上郡の山々の写真です。
kamigoori view
僕は、以前分譲住宅の営業もしていましたが、分譲の場合、近所のお客様が多く、
あんまり遠方へ行く事はありませんでしたが、注文住宅の営業の場合、
色々遠方へ行く事も多く、見慣れない風景に感動したりして、遠方も又楽し、です。

分譲営業の時は小さい小回りの効く車がラクですが、注文で長距離はやっぱり
エンジンが大きいほうがラク。 しかもクルージングが楽しい。
やっぱり車は6気筒ですな…

智頭線… 聞きなれない路線ですが、上郡から鳥取の智頭を結ぶ線です。
僕は聖地、鳥取のサーフポイントに行く際にこの路線のきわを通るので知ってますが、
意外と皆様 ご存知ないですよね…

どうも、佐用って言うところは昔は交通の要害だったようで、因幡と播磨、美作と播磨の
分岐部分で要所だったみたいですね。 上月城を織田と毛利で奪い合うくらいなので…

注文営業をしていると、移動時間が長く、車の走行距離も長くなりますが、その分
風景に感動したり、その歴史を覚えたり… ナカナカいいですよね。

播州の晩秋(初冬)も素敵ですよね。


スウェーデン

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

キャスティーで撮影勉強会を行いました

こんばんわ 姫路で輸入住宅ならお任せ スウェーデンホーム場長です。
昨日にキャスティー住宅展示場で撮影の勉強会を行いました。

撮影会 キャスティー
スウェーデンホームのホームページの施工例は基本、僕と 岡山のT君の撮影が多く、
それなりに経験だけは豊富です… 

で、最近画像を使ったプレゼンテーションを勉強会でレクチャーしたので、今度はその
原資とも言うべき撮影の勉強会を行いました。
とは言うものの、素人の僕が先生なんだからいい加減なものです…

基本、室内撮影の場合、引きが効かない場所が多いので、広角レンズを使います。
広角なので、サイドに歪みが出るのですが、これは仕方ない…

で、後は絶対マストが三脚と水準器!! 室内なので光量が少ないので、
シャッタースピードが自ずと落ちます。 ブレを防ぐ為にも三脚はマスト!

で、前述したように、レンズ内のひずみが大きいので、どこを合わせていいか判らない。
よって、水準器でレベルを取るわけです。 基本床が傾いてない限り、大丈夫。

あとは、モード設定。 Aモード(アパチャーバリュー)で設定。 絞り重視です。
三脚で固定すればシャッタースピードは関係ないので… 9~11くらいかなあ…
で、後は露出を見ながら、何枚か同アングルで撮る。

何枚撮ってもフィルムじゃないから値段は関係ない。 凄い時代になった…

後は上手いアングル(絵面)です。

正直、そこまでやらないといけないかと言われると疑問ですが、営業以外に営業の
ヒントは結構隠れていて、やってみて見える事が非常に多い。

僕の自論なんですが、建築は多角的な方向から見ないと真の姿は見えないと思います。
設計的視点 工事的視点 営業的視点 売り側の視点 買い側の視点…
撮影する視点 される視点…

こうやって今日も建築に魅了されて行くのです。
すうぇーでん

昔のCM(激古) 写真はこうでしょ!!

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

神様が送ってきてくださった画像…

おはよう御座います 播磨地方で輸入住宅NO1を目指す スウェーデンホーム場長です。
昨日にこんな素晴らしいパースが届きました。
persidents pase
当社事業部長であり、スウェーデンホームの産みの親であり、ユーロヒュース代表取締役社長の
徳永 善昭 社長 の手描きパースです。

社長は、元々は設計畑出身の方ですが、現場、営業、社長業もこなされるオールラウンダー。
元々は、某社の装飾設計部に居られ、デザインと名の付くものは何でもしておられたって…
某関取の化粧回しのデザインもされた事があるらしい…

平屋に腰折れ屋根をアレンジした、ダッチコロニアル、北欧仕様…
メチャメチャパースが上手い。 このまま絵葉書にしたいくらい…

今は滅多に自らペンを取られる事はありませんが、今回、描いて見たって事で
メールを下さいました。 イヤー マジ凄い…

persidents view
手描き平面も味がありますよね~ 徳永節 炸裂って感じで 凄いとしか言葉が…

以前にルネッサンス時代の建築家は設計もするし、現場監督もするし、絵も彫刻もするって
話を書いた事があります。 
ミケランジェロなんて、彫刻ではピエタ 絵は 最期の審判 建物は聖ピエトロ大聖堂と、
恐ろしくオールラウンドなんですが、徳永社長も同じ…

パース、平面設計、立面設計、絵画、そして、ミケランジェロが自ら設計した聖ピエトロ大聖堂に
自ら彫刻したピエタを安置するように、家具や絵画の調度品までコーディネイトしてしまう…

今朝も言われましたが、外観と平面を常に頭に置いて考える事が大事と仰ってました。
ナカナカこの道程は厳しく遠いですが、格好良い家と機能的な家は両立すると思います
そしてそうではならないんでしょうね。 

頑張って播磨地方輸入住宅NO1を目指します。
スウェーデンホーム

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事

雑誌に掲載して頂きました。

おはよう御座います 播磨地方で輸入住宅NO1を目指すスウェーデンホーム場長です。
先日 取材を受けた内容が雑誌に掲載いただきました。
いつもお世話になっている ネコパブリッシング出版の輸入住宅スタイルブック4に掲載
頂きました。 担当の石倉様 Tプランニングの田中社長 有難う御座います m(_ _)m

tamano caption direction
僕の訳の判らない文言もライターさんにかかれば美しく表現される…
うーん素晴らしい… 僕には無理だな。 失言しまくりだし…

今回は当社フラッグシップモデルハウス 玉野ゲストハウスを掲載頂きました。
岡山のコーストサイドに建つゲストハウスで、僕も大好きなモデルハウスです。

今は色を塗り変える楽しみもスウェーデンホームの特長ということで、
new tamano at yellow
こんな レモンイエローで塗りなおししましたが、当初はブルーグリーンの鮮やかな色合いでした。

僕自身 玉野の最初の色が大好きで、自宅も同じ色にしてしまった…
wachikihouse at himeji
今更ですが、石も屋根も玉野くらい濃くしておけば良かった…
そう思うとやっぱりコーディネイトは大事ですよね。

雑誌の内容もけっこうバリエーションがあり、読み応えがある…
お勧めの雑誌です。 是非 購読下さいませ。


輸入住宅はスウェーデンホーム

テーマ : 仕事日記 - ジャンル : 就職・お仕事