FC2ブログ

電車男…

最近、仕事で遠方が増え、電車を利用する機会が多いです。
大学までずーっと自転車かバイクだったので、余計抵抗があったのですが…
慣れれば電車ほど便利な物はないですね。

適度に歩くから運動にもなるし…
電車… すごい物です。

お陰で、この前買った、鬼と人と、も読めてしまいました。
流石は 堺屋太一先生! 素晴らしい作品でした。
明智十兵衛の心の動きと、織田信長の心が見事なまでに描写されて

秀吉よりも、秀長よりも最高に良かったです。

上司の気持ちと部下の心って感じでしょうか?
まあ、両名とも歴史に名を残す英雄、僕にはわかる筈もないかな…

実は、今日も電車男の予定です。
路は、秀吉の中国大返しよろしく、姫路から、大阪表へ、
そこから、大山崎には出ませんが…

十兵衛は丹波、山陰ですが、僕は山陽道を行きます。
今日は、特に本も無いので…
なにしようかな???
スポンサーサイト

施主様宅

KC280167.jpg


車庫の上が天井パイン?? 何て贅沢な…
これは、僕や大阪のSWチームO君がいつもお世話になっている
O様邸の車庫です。

ご主人様のハンドメイドで、雨の日は雨天用BBQスペースになるとか…
さぞ、ランクル君も快適な事でしょう… 

そして壁はと言いますと…
KC280168.jpg

何と、スプルス貼りなのだ!! 凄い、凄すぎる…

今日は、このOさま宅を検討中のお客様をご案内させて頂きました。
お家の中はスウェーデンホームジャパンの施工例で紹介させていただいてます。
是非、ご覧下さいませ。

検討中のお客様の奥様の実家がこのO様邸の近くで、是非、見たい!!って事で…
約1年ぶりのO様宅でしたが、パインが焼け、床が焼け、すごい素敵…
中に入ると、パインの匂いがふわって香ってました。

ご主人様の煎れてくださる、サイフォンコーヒーが抜群に旨いのと、JAZZの選曲が最高!
何より、天井パインが、高音と低音を旨く調和し、最早、JAZZ喫茶でした。

SWは施工は中国、近畿一円になりますが、場所は違えどSWは最高!!って実感しました。
O様、いつも本当に感謝です。 

PS 又、あの美味そうなスコッチとクラッシックJAZZ、ご馳走に上がりたいです!!

初日

今日はキャスティーリニューアルの初日でした。
朝一番で僕の先輩で、施主様のN様からTELがあり、
奥様が無事ご出産されたとの事!!

いやあ~良かった、オメデトウ御座います!!
美男美女のご夫婦に付き、どちら似でもOKですね。

それから展示場にいますと、入居者のA様がご来場。
お化粧直しした展示場を見て行って下さいました。
皆様お元気そうで、嬉しいです。

と、後、スタッフから聞いたのですが、静岡から広島へ
帰省途中のお客様が、足を運んで下さったとの事!
ブログを見て下さっていたんですねえ…

感謝、感謝です。
GWはこれからです。 さあ、がんばりますよ!

Almost has done

外観

明後日 リニューアルに向けて間も無くのキャスティー 水色バージョンです。
ちゃんと撮影した上で、改めてアップします。 今日はとりあえず、コンデジで
撮った写真につき、あしからず…

主寝室

今回一番変ったのは主寝室、前回は、淡いブラウンで、南仏チックな仕上げでしたが、
今回は、原色に、白って言う、アメリカンなスタイル。 アイリッシュグリーンが素敵です。
僕が約17年前居たアメリカの家は、アイルランド系だったので、この色多かったなあ…

ついこの間、アメリカ留学だと思ってたら、早3?才、ついこの間キャスティーオープン
と思ってたら早4年。
少年老い易く学成り難し 一瞬の光陰軽んずべからず なーんて言いますが、
老いてしまった… 学も成らなかった… トホホ…

しかーし! 今から働きまくって、素敵なスウェーデンの家で、素敵な生活を
して頂くために働きますよ!!

では又、詳しくは、僕のちゃんとした撮影の後で、インプレします。

今日も但馬の国…

IMG_3399.jpg

でした… 大阪や但馬、岡山等、色々行きます。
スウェーデンに僕が携わる前は、姫路市を出ることも稀でしたが、
施工エリアの広いスウェーデンだけに最近は何ともないです。

まあ、夏になれば、波乗りで、高知~姫路日帰りばっかりですから…

物件調査だったのですが、それこそ竹田城の真下!!
帰り道にちょっとお城跡を覗いてみました。 年表だけ記念にパシャ!

登りたかったけどね、今日は結構忙しくて…
で、年表を見て判ったんだけど、生野銀山は、結構最近に掘られ始めたんですね。
前回、銀山のウンチクを書きましたが、かく言う私は、銀山に行ったことはありません…

高速に乗っちゃうのでスルーなんですよねえ…

暇があればゆっくり見て廻りたいですが…

そう言えば、昨日、堺屋太一先生の 小説 鬼と人と が届きました。
鬼=織田 弾正忠 信長
人=明智 十兵衛 光秀 なんですが…

まだ、坂の上の雲を読んでる最中に付き、読めません…
あ~あ 一日が26時間だったらいいのに…
と思うやや壊れかけの ぼくでした…

ではでは 

快適な家

living.jpg

これは加古川モデルハウスの写真です。 

月曜日は、朝から研修があって、いつもより早起きなんです。
今朝は、少し肌寒く感じたので、総裏のスーツを着て行ったのですが、
そのあと、加古川モデルで午前中にお客様と約束がありました。

展示場はとても快適で、アドバイザーの女の子はエアコンをかけていませんでした。
2時間ほどお話して、外へお客様と出た瞬間!

むう~

って暑かった… 夏がそこまで来てるんだなあ…
しかし展示場の中は涼しい… 朝の涼しい涼気をしっかりキープしているわけです。
快適さは素敵ですよねえ~

その後本社で会議だったんですが、同じ調子で会議してたら、

激暑!!

やっぱり、高気密高断熱は素晴らしい…
このGW是非展示場に遊びにいらして下さい。
快適な家でお待ちしております。

難波

今日は朝から大阪でお仕事でした。 設計のM課長に同席頂きました。
電車か? 車か? 悩んだのですが、日曜なので車で行きました。
大阪って、僕の中では 都会 ってイメージなんですが、環状線から降りると

Naniwa-kyuseki-koen-1.jpg


大坂城もさることながら、難波宮跡がありました。
大昔に学校で習った場所が実際に見るとびっくりします。
難波宮は確か、大化の改新の後、飛鳥宮から遷都された場所だったと思います。

その後、壬申の乱が起こり、天智天皇の息子 大友皇子と後の天武天皇 大海人皇子
が戦う訳ですが、天武天皇は後、大和の国を、日の本の国 日本と改めます。
海の名を持つ 大海人皇子が、日って、何か不思議ですよねえ…

しかし大坂城や、難波宮なんて言う史跡が、高層ビルと並立してある大阪は凄い!
流石は太閤秀吉の膝元ですね。 
太閤に遼に及びませんが、素敵な普請事を行いたいです。

広告

2002-1.gif

これは僕がお世話になっているサーフボードのメーカーの年賀状です。
広告というものを考えるときに、何が大事なんだろうと良く考えます。
レイアウト、 コピー、 委細内容…

デザインやイメージ重視の広告ならばやっぱり大事なのは!
画像!!
なのです! 

サーフブランドのの広告は、特に、大きな画像一発!って感じが多くて、
カメラマンの腕が問われる訳です。 これは当然モデルも同じで、
スポンサードされているサーファーもいい写真を残す! が為にライディングしています。

自然、コンディション、天候全てに影響されるこういう写真と違って、
室内写真なら撮り直しもきくし、相手は静止しているので、やりやすい訳ですが、
中々、上手く室内写真がとれません。

アングルもセンスなんでしょうねえ… 何でも直感で物事を考える僕にとっては
難しい課題です。 広告は入社2年目からやってますので、大方14年になりますが、
難しいし、ハッキリ言って最近下手になっていると思います…

ファッション雑誌や、サーフィン雑誌、しっかり見てセンスを磨かないといけないなあ…
と思う今日この頃です。
swe_O縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20080418113045


ね、微妙でしょう? いかんなあ…

イメチェン

青色

この4月26日をもちまして、スウェーデンホーム姫路キャスティー展示場は4周年を
迎えます。 早いものです。 この間、84件の物件が完工し、しみじみお客様に
感謝する次第で御座います。 

ファールンレッドが印象的なキャスティーなので、又、齢を重ねると共に格好よくなっていく
ので、外壁はそのままにしておこうと思っていたのですが、

着せ替えるが如く色を変える楽しみ!!
と社長にアドバイス頂き、上記のような、ブルーグレーで塗り替えることにしました。
流石、我らが社長、スウェーデンを最も深く理解されております… (>_<)

スウェーデンのモデルハウスは 流行りすたりが無い! がテーマですので、
建て替える気は全くないのですが、少しワクワクしています。
女性がヘアスタイル替える気分ってこんな感じなんでしょうね。

スウェーデンホーム玉野
黄色 玉野

これは、ブルーグリンからイエローに変えた玉野ゲストハウス
これ築10年に見えます?? 凄いですよねえ…

RSK旧
RSK 新

これは、イエローからチャコールグレーに変えた岡山RSK展示場
凄いイメチェンですが、見事に変貌をとげたのと、やっぱり格好いいですよ。
年をとらない住まい、むしろ円熟していく住まい。

僕の大好きな 黒木 瞳さんのような住まいなんだと思うのですが…
最近 良く判らないブログになってしまう…

赤穂

昨日は部下と一緒に赤穂に仕事にいってました。
姫路の浜手で育った僕には赤穂は意外と馴染み深く、
実家の仕事が素麺屋なもんですから、赤穂の塩で余計に身近なのかも…

部下も、播州地区の出身なのですが、東播なので意外と赤穂を知らないみたい…
なので、帰り道なので、赤穂御崎を通って帰りました。 まだ桜はありましたよ。
E_20070405_015.jpg


ちょっとよそのブログから写真をお借りしました… すいません。
御崎には、かの有名な、大石 内蔵介がおられました。

コーストサイドいっぱいに咲き乱れる桜は正に圧巻!!
E_20070405_012_1.jpg


この写真もかりました…

赤穂は、忠臣蔵で有名ですが、大石に陽明学を説いたのは、陽明学の大家、
山鹿 素行 彼は、赤穂藩預かりの身で、陽明学を赤穂藩に説いたみたいです。
その、知行合一のすさまじい実践主義の思想は、やがて 主君の敵討ちと言う

壮絶な結果を生み出して行く訳です。

その思想は、やがて幕末の長州の志士達を説いた 吉田松陰や
薩摩藩 島津斉彬から西郷隆盛に引き継がれ、倒幕というとんでもない
パワーになり、そのまま、日清、日露戦争と言う未曾有の戦いを

勝利に導くわけです。 
かの、情熱溢れる陽明学はやはり素晴らしいと日々感動します。
さあ、僕も知行合一で働かないと!

うーん。 どうも最近 坂の上の雲に かぶれてしまっている…

近くには、坂越って言うこんな瀟洒な町並みもありますよ。
是非、遊びに行って見ては…
そして、赤穂にそっと建つスウェーデンの家も探してくださいIMG_2066.jpg

但馬の国

Takeda_castle_17.jpg

これは、但馬のお城、 ”竹田城” の写真です。 
ウィキペディアから拝借しました。(仕事中登った訳ではないですよ)
今日は、朝から但馬の国に行ってきました。 勿論、仕事ですよ。

法務局調査と、現場確認です。 現場が、このお城の近くで…
但馬地方は、冬になればずーっと行くので、小さい頃から竹田城は
馴染みがあるのですが、ハチ北しか行かなくなってからは、このお城の下は
通らず、山中を抜けるものですから、随分新鮮に見えました。

IMG_3354.jpg

この山の山頂を覆うように大郭になっていて、それは雄大です(って下からしか見たことない…)
少しウンチクを言うと、山名氏の居城から、羽柴秀吉の中国征伐に伴い落城、
一時は羽柴秀長(秀吉の弟)が入りました。

最も、秀吉の最たる狙いは ”生野銀山” だったみたいですが…
戦国大名の才たる人たちは、皆、鉱山を押さえています。
武田信玄は黒川金山  上杉謙信は佐渡の金山  毛利元就は石見銀山
そして、この生野銀山を最高の補佐役 小一郎秀長に抑えさせた訳です。

この辺りの遥かなるロマンは、
司馬 遼太郎 先生の ”播磨灘物語” 堺屋 太一先生の ”豊臣秀長” をご覧あれ。
乱世を生き抜いた英雄がありありと描かれています。

そう思えば、戦国武将は凄く働いたんでしょうね。 くそーっ 見習わないと…

IMG_3357.jpg


このお寺は竹田駅の真裏にあって、電車の車窓から見たら凄い綺麗です。
確か昔は鯉が泳いでいたような…

中学、高校時代、スキーに行くのは電車でしたから、良く見た記憶があります。
車に乗るようになって、ルーチン化された場所しか通らないわけですが、
こうやって、趣のある文化がしっとりと但馬の地にありました。

注文建築をやっていると、こうやって地域の風土、歴史に触れられ、楽しいです。
ちなみに明後日は朝から、大阪へ現場調査です。

太閤秀吉の通った路を行くわけですが、其れには遼に及ばないです。

いにしえの かほり由々しき 但馬路は 太閤の路 我は及ばす

どうだ、この句!! 最近 坂の上の雲を読んで、 正岡子規にかぶれたのだ!
ってヘタクソですよねえ…
失礼しました。

神戸

今日はお客様のローンの申し込みに神戸に行きました。
R銀行の三宮ローンプラザです。
当初電車で行こうと思ったのですが、雨とファッションのせいで
車で行きました。 と言うのも…

スーツ上下間違えて着てきたもので… 
上は青、下は黒… 痛い 痛すぎる…

ローンプラザは神戸市役所の前にあり、帰りには自動的に
居留地内をスルーします。 最近滅多に居留地なんて来ないから
随分様変わりしていました。 そこで見た店がこれ
P1050543a.jpg


すいません、人のブログから拝借しました。
何と、
CHRISTIAN DIORの店なんです

アーキスティックな外観で凄い格好よかった。
DIORはかつて、3Gの一人 GIAN FRANCO FERREがデザイナーで、
フレンチなのに、イタリアンなテイストで、大好きでした。

かく言う、FERRE自体も元々は建築を専攻しており、確かミラノ工科大学卒のはず…
DIORの建物が格好いいのには、それも関係しているのかなあ…

まあ、今も好きなんですが、買えない(トホホ)
頑張ってお金貯めて、格好いい靴が欲しい僕でした。

そろそろ

さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の声が戻ってくる
吹き止まない春の風 あの頃のままで

とある方の名曲です。

わが町も桜満開から、徐々に散り始めています。
どうも、桜は愛でるよりも切なさを感じるのは僕だけなのでしょうか?
だから、春自体は新しい始まりと言うよりも、淋しいと言う気持ちが強い…

って言っても別に誰と別れた訳でも、思い出がある訳でもないんですが…
ぱっと咲いて潔く散る所に無常観があり、それが武士道と言うか日本人の
心の有り方に似つかわしいが故に 桜は 日本人の心を捉えて離さないんでしょうね。

僕自身が昔から、春にスピード違反で捕まったり、高校時代は停学になったり、
原付で田んぼにはまったり… ろくな事がないから余計寂しい気持ちなのだろうか…

ゆっくりと色即是空を味わいたいのですが、そうも行きません。
春から夏は空即是色! 仕事もそうでありたいと願う今日この頃です。

消えた年金問題

先日、社会保険庁の
年金特別便

が、僕宛に届いていました。 ああ、これか? 何て思っていたら、
何と、数少ない消えた年金のお訪ねとの事!!

おかしいなあ… 昭和住宅にしか勤めてないはず何だけど… と思いつつ。
何かの手違いだろうと思い、相方に聞いてみたら、
年金をかけていた期間が、入社してからかかっている様に書いてあって、

これで間違い無いですか? って内容みたいだったので、間違いないです!
と言う風に書いて返信で良かったみたいなんですが…

いや、待てよ、確か大学時代に、20歳を超えたら国民年金払えって話で、
お袋にお金払えって言われた記憶が… と思い、相方に聞いてみました。

相方が社会保険事務所に聞いたところ… 
どうも僕が払った記録みたいなのがあると言う話…

ええ~、それって特別便と内容違うじゃない!!
あな、恐ろしや… そのまま送ってたら、それが証拠になって残ってしまうんでしょうね。
追認ってやつですかねえ… ともかくおぼろげながらも覚えていて良かった。

丁度、オフクロも兄貴の所に遊びに行っていて、詳しい内容聞けなかったし…
又、払った証拠とかって、保険事務所に行かんとあかんのかなあ

消えた年金なんて、枡添大臣が言っているのを、へえ~って聞いてたけど
まさか自分の事だったとは… 
まあ、お上のことだからちゃんとしてくれるとは思いますが、少し遺憾な場長でした。

桜 満開

昨日は波乗りに海へ行こうかなーなんて思ってたら…
相方に 駄目 って言われて… 
春休みの長男、次男と、僕のお婆ちゃんの4人で

お花見

に行きました。譯彑convert_20080403112430


ここは、僕の故郷姫路城のとあるポイントです。
姫路城は巨大で、至る所桜なのですが、ここは、地元の人間でも
意外と知らない隠れスポットです。 車一台がかろうじて…

なんですが、桜のトンネルになってもう最高!!
探せるもんなら、探してみい…(勝谷さんじゃないよ)

西の丸

その後は相方の作った弁当を食べるべく、お城の中へ…
観光客でごったがえしてましたが、此処へ逃げると以外にOK
西の丸です

ここは、徳川家康の孫、千姫が本多忠勝の息子に嫁に来られたときに建てられた櫓で、
姫が嫁に来た路=姫路 なんて話があったりして…

その下にあるこの庭の部分は、意外と皆知らないので、ここでお弁当を食べました。
人も少なく、静かなので、お婆ちゃんものんびりしていました。

姫路城

ここから見た天守閣がこれ、どうです 綺麗でしょ。

帰りに、足の悪い婆ちゃんに借りていた車椅子を管理事務所に返しに行ったときに
見た、資料室がこれ、 滅多にお城なんて行かないから、随分変ってました。
灯台もと暗しとは正にこの事。
城郭

姫路城は、元々、赤松一族の出城として姫山に築城されたのが始まりで、
その後、播磨灘物語で有名な、黒田 官兵衛 の居城となり、
中国征伐に来た、羽柴藤吉郎秀吉の居城及び前進基地となる訳ですが、

こんな形とはつゆぞしりませんでした。 普請仕事の名人、秀吉らしい、
反りの良く効いた、長浜城みたいなイメージだったんですね…
海もいいけど、足元にある世界文化遺産を眺めるのもいい休日でした。

姫路は今が桜満開! 是非訪れて見てください。

REBORN

KC280157.jpg

ただいま、姫路キャスティー展示場を改装中です。
今、当社で大人気の、
サンドブラスト フロアー

に主寝室を貼り替えています。
抜群の風合いで、この白ステイン塗装と、ナチュラルカラーをラインナップ
しています。 今回は白ステインをセレクト。

元々、主寝室は白ベースでボンヤリした仕上げなので、
より一層綺麗になると思います。 楽しみです。

KC280158_convert_20080401112516.jpg


大工さんは、当社稲美工場の若きエースであり、同時に波乗り仲間の
K君です。

こういう改装工事や増改築も当社は施工するわけですが、
自社ファクトリーから大工さんも来ます。
自社施工な訳です。

何処かの下請けさんが建てたじゃなくて、
誰が建てたっていうのが当社のこだわりです。
家には大工さんの心が吹き込まれるので、そこは大事ですよ。

早く施工完了しないか、今から楽しみです。