FC2ブログ

友人

今日、友人からふと電話がありました。
ブログについてのアドバイスと、
営業についてのヒントをくれました。

彼は元々、ハウスメーカーの凄腕店長で、今は実家の不動産業を
継いでおり、土地情報をお願いしたりしています。

自分でも気付いていなかったのですが、僕は普段の話の中でも、
スウェーデンホームが大好きを連呼しているらしく、(恥ずかしい)
それが、営業に聞こえるというよりむしろ、好きなことを熱く語ってる…

らしいのです。
好きこそもののなんとやら ですねえ…

って自画自賛では駄目ですが、やっぱりスウェーデンっていい家ですよ。

高気密、高断熱、
タイムレスな外観、
格好いい床、

最強の窓、
癒しの天井パイン、
スタイリッシュな建具、

車に例えるなら、クラッシックカーの外観にスーパーカーのエンジンかなあ…
さあ、この素敵な家をどんどん広めて、幸せな家族を一杯にしたい!!
スポンサーサイト

今日は

所要で休日出勤です。
少しだけ、仕事とカンケーない話を書いてみます。

rainbow.jpg

この時計、僕が大好きな ”ゼニス” の
レインボーフライバック
って時計です。 オートマチックのムーブメントなのですが、
中身は、”エル プリメロ”と言われた、名機です。

かつてはROL0Xのデイト0 にも使われていました。
今、この時計は生産中止になっていて、もう買うことは出来ません。
LVMH(ルイ ヴィトン モエ 0ネシー)グループにM&Aになり、

今は、同じグループのTAG HEUE0 とかにこのムーブメントは
搭載されていますよね。

こうやって、素晴らしい技術は会社が変り、経営者が変っても
残っていくんですねえ…

まあ、今もこの時計が生産中止になって無くても買えないんですけどね…
何故かこういうメカニカルな物に強く引かれるんですねえ…

元々、あんまり時計には興味無かったのですが、親父がOMEG0 が好きで、
貰った時から徐々に興味が出てきました。 今、親父は全く興味が無いって
感じですけどね…

まあ、いつかは欲しいなあ… カッチョ いい時計…
さあ、仕事だぜい!

玄関ドア

P2250033.jpg

このドアは明後日引渡し予定の施主様の玄関ドアです。
綺麗なライトグリーンでしょ。 当社の玄関ドアは今は全て
色はオーダーできるようにしています。

色は2000色近い色の中から選べるのです。
よってこれは世界に一つの色なんですねえ…
選ばれた時は少し明るいかな? と思いましたが、

凄く涼しげな素敵な色です。
ガラスの4つ葉のクローバーが素敵ですよね。
このガラスも当然、3重ガラスです。

気密パッキンもしっかりついていて、
見た目と性能を兼ね備えたすてきな逸品です。

冬はつとめて

朝 起きたら 雪 雪 雪!
えらいこっちゃ、早く行かんと道凍ってる!

相方も雪で出勤出来なさそう…
親父様の4駆をかりて二人で出勤。

早く、展示場の暖炉に火を入れて、写真を撮るべしと思い、
新人クンと二人、早めに展示場に行きました。

しかし、曇天にも関わらず、逆光で、写真が上手く撮れないよ
まあ、朝からじっくり仕事出来ていいんですけどね。
煙突の煙が見えない… ショックP2240029.jpg

道の雪も溶けていました… 

しかし、雪の中でも徐々に春の予感が!
P2240033.jpg

これは、ルーキー K君が撮った写真 格好いいでしょ。
では では

いよいよ完成

P1000345.jpg

先日来お話している 姫路 ダーラナ地方にいよいよ竣工です。 明日立会いで
水曜日 引渡し予定です。

足場が取れるとさすがにいいですねえ~
ライムイエローと淡いグリーンのドアがアクセント!
かわいい感じでいいですよね。

で、この家は何をモデルにしたかと言うと…
IMG_1593.jpg

どうです? 外観は加古川モデルがベースなんです。
加古川モデルをミラー反転させた感じで、少し奥行きを短くしています。
色合いを変えるだけで、こんなにも趣が変るんですねえ~

色のセレクトは施主様と担当デザイナーKによるもの。
Kは女性デザイナーで、流石って感じです。
男性には難しい色を上手く合わせてますよね m(__)m

モデルハウスは、どうしても無難なカラーでまとめてしまいますが、
モデルハウスの間取りを少し変更して建てて頂けるのが、
モデルハウスを設計した人間としては、嬉しいんですよ。

ね! Mチーフデザイナー…
来月には引渡しが3件! こうやって素敵な家に携われて嬉しいです。
僕は娘はいませんが、引渡しって、お嫁に行かれる親の気分なのでしょうか…

早く撮影がしたい!!

撮影の度に思うこと

最近カメラがどんどん良くなり、デジタル化以降、
撮影した直後にモニターで画像確認が出来る。
便利なものです。

最新鋭のモデルは、モニターが大きくなり、確認もより簡単になってきました。
昔は撮影した後の現像上がりまでがワクワクだったり、わあピンボケだらけとか…
ただ、ファインダ-の視認性はデジタルで光で通知してくれるのですが、

何か、シックリこない… しかも、最近乱視だから余計に判らない!!
もっといい機材が欲しいけどお金が無いから買えない…
サーフィンにせよスキーにせよ、上手くいかないのはマテリアルのせい!

これじゃあいけませんよね。
写真はアングルが大事。 最近良く思います。
まあ、半分趣味、半分仕事なのでいいんですけどね…

スキーとかサーフィンが住宅販売とリンクすれば言うこと無いのですが…
すいません、働きます。
alfa.jpg

来客 遠方より来たれり

yunyuu.jpg

今日はリクルートの、
憧れの輸入住宅を建てる
の担当の方がいらっしゃいました。

以前は、輸入住宅の雑誌は乱立していて、どれがいいの?
って感じでしたが、今はこの雑誌が輸入住宅のハブ雑誌って
感じですね。

しかも担当の方は非常に親切で、輸入住宅の色んな事を教えて
くださいます。

価格も非常にリーズナブルで、ここ最近はずっと
500円位です。

輸入住宅業者も震災直後は一杯ありましたが、徐々に淘汰され、
今は建築の施工能力をしっかり持っている会社になって来ているような…

当社の素敵な施工例はHPの通りなのですが、
やっぱり雑誌掲載は一つの目標ですね。
販促と言う内容から言うと、掲載はコストもかかるのですが、

次回は、次々回は
掲載出来るよう頑張ります。

担当のF様 K様 スイマセン…

撮影

外観 1

当社初の
ダブルキューパ
N様邸を撮影に行ってきました。

鮮やかな白ベースと、ブラウンの壁が印象的でしょう!

で、内観はと言いますと…
ダイニング

ウッディーな雰囲気なのですが、暖炉が素敵でしょう!
煙突の位置からでも判ると思いますが、敢えてキューパ部分に
配置していません。

まだまだこの家は、工夫たっぷりで格好いい空間だらけなのですが、
やっぱり最高なのはこの空間
syusinsitu.jpg

ホワイトペイントベースで仕上げており、
ホワイトペイントの窓に、モールディング、
パインの腰壁に、ホワイトアッシュの床、

オールホワイトのこの空間はもう ROMANTIC の一言。
マックナイトの絵から飛び出してきたような空間です。
でも、僕本当に撮影下手…

もう少し絞りを開けるべきだった…
この素敵な家に申し訳ない…

撮影の度に感じることは、家にも心がある事です。
同じ材料、同じ窓を使っても仕上がる雰囲気は全て違う。
デザイナーの嗜好、お客様の嗜好、それが家に魂を
吹き込むのでしょうねえ…

詳しくは、 ホームページを乞う ご期待!
間も無くアップします。

http://www.sweden-home.jp/

多感 

昨日の話ですが、展示場に1組のお客様が来られました。
本当に、ジェントルな ご主人様と、穏やかな 奥様。
僕の 素っ頓狂な話にも耳を傾けてくださり…

よく伺うと、遠方からわざわざ当社展示場を訪ねて電車で
来て下さったとの事… 以前に見た、当社の今は解体した
展示場を見たことから…

本当に感激と感謝でした。 やっぱりスウェーデンホームに
携わっていて良かったと思える瞬間でした。
来て下さったお客様とスウェーデンホームに感謝 感謝 感謝です。

逆に今日は、僕が別件で電車に乗り遠方へ…
帰りの電車で、向かいになった男性から声を掛けられ…
色んな話をうかがう中で、鼻が高くなると折れると…

今の食品偽装、不正… キリがないと仰ってました。
本当にそうだなあと思う一方、これが一期一会なのかと
思うくらい、礼節を重んじられる男性でした。

聞けば九州男児 侍ですなあ…

いつ見てもJRから見る垂水辺りの海は最高に美しい! 僕の大好きロケーション!
塩谷や舞子には異人館があってね、坂路にあって瀟洒で素敵なんです。
僕の親父の大学通学経路だったらしく、帰路に知り合った方に異人館を
教えてもらって行った記憶があるとか無いとか…

お袋には言えない、親父のロマンスです。 僕が高校の頃聞いた話…

そういや、海岸沿いにあった最高に格好良かったレストランバー
”ウェザー リポート” は何処いったんかなあ…
海岸沿い一杯に張り出したデッキとSALEMのビーチパラソル…

良く行きましたよ。 もちろん僕は今の相方とですよ!
親父様のようなロマンスはありませんでした。

お袋がこのブログを見ていないのを願う次第です!

かわら版

K様邸

上記は先々月完成現場見学会をさせて頂きましたK様邸です。
スウェーデンホームジャパンのホームページにもアップさせて
頂きました 有難うございます m(_ _)m
ホームページはこちら

お許しを頂けたお客様に無理を言って、こういう
”かわら版”
なるものを作らせて頂き、追客中のお客様や、希望があれば入居者の方に
送付させて頂いております。

比較的フォームの決まっているホームページと違いレイアウトや
デザイナーの意向が入り楽しく見て頂けるのではと思っています。

しかもデザインは全て自社製作で、今回は内勤業務の女性
Tさんが作ってくれました! 有難う!

女性のデザインは本当に各々特徴があり、我々男、特に僕のような
オッサンには真似の出来ない部分でもあります。

又、お客様にとっても、夢のような展示場より、実際に建てられている方の
お住まいを見るほうが、より新鮮に、リアルに感じられるみたいです。

そして、当社の一番の自慢は、どんなエンドユーザーの方の家でも、
天井パインがあり、トリプルサッシを使い、SW製のフロア、ドアを使う
外部にはスプルス板を貼り、SW製の玄関ドアを使う。

気密断熱は、SW本国仕様に、湿度の高い日本向けに改良した仕様
これ、いいでしょ?

車で言うと、BEN0Zのボディー合成、
BM0のシルキーなフリクションの無いエンジンフィール
LEXU0のスタビリティー、安全性、信頼性

これを兼ね備えたような… って言いすぎでしょうか…

あっ そうそう

すません!!
昨日、スウェーデンホームホームページ マイナーチェンジしました!!

トップに施工例のフラッシュと、施工例 フラットにK様邸をアップしました。
是非是非 ご覧下さい。
スウェーデンホームジャパン

玉野に行ってきました。

今日はお客様の宿泊で玉野に行って参りました。
大方築10年の最大のモデルハウスです。

KC280147.jpg


以前はブルーグリーンの鮮やかな色だったのですが、
雰囲気を変える意味で塗り替えました。
個人的には、前の色の方がマリンテイストで好きだったんですが…
晴れの外観004


ね… ブルーグリーンで… どうですか?
まあ、こんなふうにカラーで違うテイストを楽しめるのも
醍醐味の一つなんですが…

さすがに100坪近い家なので、1時間では暖炉のみで
暖まりませんでした… スイマセン。

いつも思うことですが、玉野は行くたびに趣を増すと言うか…
円熟になっていくと言うか… 
これが僕がスウェーデンの虜になる理由なんでしょうね。

冬の玉野は少し寂しいですが、春の玉野は素敵ですよ。
是非、お越し下さい。

行き返りのオービスには気を付けて…

間も無く完成

KC280139.jpg

播磨地区のダーラナ地方? に建つスウェーデンホーム いよいよ完成まじかです。
携帯のカメラで撮ったので、細かいディテールが見えにくいのですが、
ライムイエローのスプルスパネルにワントーン色をおとした塗り壁、

やや薄めの屋根の色と、涼しげなテイストのスウェーデンホームです。
涼しげながらQ値は1.6を切る驚異的な断熱性!
C値測定が楽しみです。

このお家は女性デザイナーが担当です、淡い系のテイストでよくまとまってますよね。
さあ、もう一息です! 

小説

昨日は、休みでしたが、まーた スキーキャンセル…
歳だなあ… 起きれない。

よって小説でも読もうと思い本を買いに行きました。
司馬遼太郎の読んでないものでも… と思い。

可児才蔵の ”俺は権現”
と後藤又兵衛と真田幸村の ”軍師二人” を買いました。

可児才蔵は僕も大好きな戦国武将
後藤又兵衛は姫路出身の武将。

個人的には可児才蔵から読むべしと判断し、
後藤又兵衛の軍師二人は、入院中の親父様に
お見舞いに…

司馬先生の小説は読みやすく、意外と頭に残る。
今日、親父様からメール有り

”読み終わった。 次頼む” だって。
早く読まないと!

地鎮祭

昨日 今日と 着工前の地鎮祭が立て続けでした。
地鎮祭とは、工事に当たる前に地の神様、産土の神に
報告する儀式で、これも通過儀礼のひとつなんでしょうね。

祝詞を奏上する中に
”筑紫の日向のたちはなのおおどこに禊ぎ給へし時に…”
ってあるんですが、これは多分 天照大神の事なんでしょうか…

古事記にでてくる話が祝詞に出てくるので、とても興味深いです。
神代のころにはるかなロマンを感じますねえ…

日本ほど多神教は無く、お宮参りに、七五三、クリスマスに
チャペルで挙式、お葬式は仏前…

かく言う僕も例外ではなく、氏神様にお参りしたり、
お仏壇に手を合わせたり、アメリカ時代は日曜に教会に
行くのが楽しみでした。(オルガンの賛美歌が神秘的で…)

それぞれ、その場所に根付いた風習や文化に触れるのは、
本当に楽しい話ですし、郷に入れば郷に従えなんでしょうね。

今日の地鎮祭も、施主様の氏神様の神主様がいらっしゃいました。
本当に素敵な家が建つよう、心から願う次第です。

”いやさか”

雨のデッキ…
なーんかシックなイメージですが…
”雨音はショパンの調べ”って感じです。

雨だから、家の中で… ゆっくりもいいですが
雨の日に雨にもかからず、デッキでゆったりまったり…
として頂くために、ベランダを屋根代わりにしてみました。
P1000311.jpg


このパターンは以外に多く、屋根代わりの機能性と、
上下にリズミカルに展開するプロフィールボードの
見た目の格好よさ
A 外観

の2つのメリットがあります。

僕が大好きなパターンはデッキの上全体に屋根が
架かっていて、そこから玄関の
アメリカンコロニアルパターン!!

そう、名作 ”マディソン郡の橋”で
メリル ストリープがデッキのロッキングチェアで
アイスティーを飲んでた時イーストウッドが来る

あの時のデッキのイメージです。
しかし、原作を読んだら、
メリルストリープとイーストウッドは…
って気が…




加古川モデルの家具

当社のモデルハウスは家具もスウェーデン直輸入です。
スウェーデン資材を自社にて直輸入するので、
ご希望のお客様には、コンテナ混載で、持ってきます。

当社のモデルハウスは、岡山、玉野、姫路、加古川*2
で、各々テイストを変えた家具のラインナップなので、

このまま で購入いただくケースも御座います。

家具も、カタログがあるんですが、このカタログが
とても親切で、コーディネイトまでしたページがあったり…

この家具は加古川モデルです。
座ってるのはルーキーK君!!
P1000310.jpg


アーリーアメリカンな雰囲気でまとめてみました。
床のオークシップデッキに良く合ってるでしょ!
リビングの真ん中には暖炉!!

アメリカに居たころ、結構広告に家具のチラシが
よくあって、結構欧米人って家具すきなんですよね…

家のとびきりのスパイスのような気がします。

うーん映画のような暮らし…

是非モデルハウスに遊びにいらして下さい。

雪の華

P1000304.jpg

雪化粧の加古川展示場です。
今年は播磨灘地方も沢山の雪 雪 雪…

不思議ですね。
こんな日は暖炉がパワー発揮!
中は春って感じです

ただ、外気が低いので、煙突からは
P1000305.jpg

こんな感じです。
普段は殆ど見えないのですが…
白い雪にグレイの空、黒い煙とモノトーンの連続ですが
まあそれなりに、いとおかしって感じです。

こんな日は是非スウェーデンホームにいらして下さい。
暖をとってお待ち申し上げております。

m(_ _)m文字色

明石

今日は、会議の後、明石へ行きました。
舞多聞のモデルハウスが出来てからと言うもの、
しばしば、神戸、明石方面に出かけます。

神戸、垂水辺りは、
日本のサンタモニカなんて言ってたりしてるんですが、
波の無い海は嫌いな僕としては、
やーっぱし波のある海がいい!!

でもね、あるんですよ サーフィンできる場所が!!
明石のとある海岸!
西風が吹くとサイズアップ! まあ冬が多いから
激寒の中のサーフィンなんだけどね。

スウェーデンホームって意外とマリンブルーの家が多く、
結構コーストサイドに建ってたら格好いいですよね。

玉野のゲストハウスがそうなんだけど、
もっと普通に海の家みたいな所にあれば渋いだろうな。

この家は、HPでも紹介している家ですが、
海に合いそうでしょ!
家の中は、鈴木英人とクリス ラッセンが飾ってあります。
A 外観 (9)


僕もこんな家を四国のとあるサーフポイントの前に建てて、
毎日サーフィンしまくるのが夢です。

相方は絶対嫌って言っていたけど…

まもなく

morinomiyako.jpg


まもなく竣工予定のF様邸です。
準防火地区に建築の為、外壁はサイディングになっています。

城下町の瀟洒な所に建築されており、道を挟んで古刹とも言える神社が
建っています。これはその神社の杜から撮った写真。

町の中に建っても綺麗に、独特の主張もしながら周囲に調和しています。
明日からキッチンを組んでいきます。
外構が出来て、家具が入るのが楽しみです。

建築現場は、普段は足場と養生シートを掛けられて居る為、よく全貌が
見えませんが、足場が取れると
ジャーン

って感じで登場します。
しかし僕写真撮るの下手ですわ…
ケータイのカメラで撮ったのですが、

ああ、ハンディなデジカメが欲しい…
車のレーダーも欲しい…

いやいや、煩悩を断ち切らねば…

ハンドメイド

このハンドドローのスケッチは本日お打ち合わせさせて頂いたお家です。
sample.jpg


普段は下のようなCGにて外観の提案はする事が多いのですが、
今回は敢えてハンドドローで提案させて頂きました。
gra.jpg


拡大して見て頂けると判ると思いますが、CGは凄く艶っぽく仕上がります。

でも実際のスウェーデンホームの家は、わざと荒削りに仕上げた外壁だったり
石を貼ったりで 結構マットな仕上がりで、意外とハンドドローの方がリアルかも??

木の持つ、自然素材のもつ質感は独特で、視覚以外にも訴えかけることが多く、
”HPみるより、実際のモデルハウスは素敵”って言うのは良くお客様より頂く言葉
だから体験宿泊してみないと判らないのかも…

この白い木貼りの外壁も、年とともに汚れてくるわけですが、
僕はその汚れ方が格好いいって思うんです!

ヴィンテージのジーンズみたいな感じ。
間取り確定もまだですが、僕自身がこの遊び心たっぷりの家には
今からワクワクしています。 

年間200以上は施工不可能なスウェーデンホームのハンドクラフトな家
1棟1棟がその町のアートになっています。
つくづくこの家にたずさわれた事を幸せに思います。

節分

今日は節分ですねえ…
節分=季節を分けるって事ですが…

今の太陽暦と太陰暦で古とは違うんでしょうね。

今日は家に帰ったら、多分、”オカン”の作った巻き寿司が
我が新宅にもお裾分けされていると思います。
息子2人は本家で豆まきしてる筈…

多分オヤジが鬼役… 実際も…???

鬼と言えばSWホームの本拠地岡山の鬼退治ですよねえ…
吉備津彦が桃太郎のルーツなんて言われてますが…

備中には実際、鬼ノ城なんていうかなり古い城があり、
白村江の戦いの後に、百済、新羅の反撃の為の防衛拠点として
築いたとか、そこに鬼が住んでいたとか…

近くには最上稲荷や、吉備津神社、吉備の国分寺や、備中高松城
など史跡が沢山! 確か古墳群もあったような…

何か、おごそかな雰囲気があり、岡山勤務時代あの辺りを通るのが
結構好きでした。

僕のお勧めは春の備中国分寺、蓮華畑の中にある五重の塔は
最高! 飛鳥時代と景色は変らないって感じですよ。

SWの家も随分あの辺りには建ってるんですよね、実は。
うーん、又随筆になってしまった。

徒然なるままに日暮し。
PCに向かいて、こころに移り行く よしなし事
そこはかと無く書きつくれば、あやしうこそものぐるおしけれ…

又、パクってしまった…

ふとした電話

今日、僕のお客様でU様から電話がありました。
僕が間違って携帯に電話かけてたみたいで…
年末のご挨拶で会えなかったものですから… 

少し話は長いですが、4年前、生まれて初めて、姫路の地を離れて岡山に単身赴任
誰も知らない土地で始まった岡山生活でしたが、何よりキツイのは言葉の壁!
何で? って思うくらい違う。 この言葉がホームシックに拍車を掛ける…

岡山で2回目の展示場待機時にこのお客様は来られました。
ご主人が大阪転勤で、阪神方面に土地を探されて当社に来られました。
聞けば私の同郷の方、自分の歓迎会中に抜けて、訪問させて頂きました。

播州弁で話せるのが嬉しくて… 建築場所は京阪神、ご主人様は大阪
ご家族は岡山で…

ご主人様は超一流企業のバリバリ営業! お付き合いのある住宅会社も
多々ある中、何故か当社を選んで下さいました。

”飲みにも行ってないやろ” とご主人様は飯を食べに誘って下さったり、
”手料理なんか食べてないやろ” と奥様は打ち合わせのたび
夕飯を用意して下さっていて… 奥様の前で泣いてしまいました…

”主人も単身赴任でつらいだろうから、貴方もやね” って奥様が仰ってたなあ…
Uさまは僕の岡山時代の神様でした。

僕の家族と同じ息子さん2人の4人家族。 僕も家族の有難さが判ったのは
単身赴任と、Uさま家族を見た時でした。

ちなみに今日の電話はU様は東京から… 今は東京に単身赴任中みたいです。
まあ、若くして超一企業の課長だったから今は凄いんだろうなあ…

僕も、僕を助けてくださったU様ご一家に負けないように働きます。
U様の奥様のカレーライス、今でもしっかり覚えています。

U様あの時は本当に有難うございました。
U様のご主人には遥か及びませんが…

さあ、頑張りますよ!