お遍路ではなおですが… お大師様所縁の寺

こんばんわ。 スウェーデンホーム場長です。 久々に紅葉を見に京都に行きました。
IMG_0033_R.jpg
善峯寺です。山崎の方の寺で、京都市内ではありません。 西国33カ所の20番札所で、
桂昌院の所縁のお寺です。 桂昌院は5代将軍綱吉公の母御です。
この母御の供養の際に殿中で刃傷沙汰を起こしたのが、我が故郷播州の浅野長矩です
ややこじつけですが… 

IMG_0042_R.jpg
近くにあった光明寺も行きました。 ここはかなりメジャーなようです。
ことしは微妙っぽいですね。 まあ強引に嫁に連れていかれたので…
中国の人と韓国の人だらけでした…

で、なにか長岡京市だったので、お大師様所縁の寺、乙訓寺が近くでは?と思い、ナビで検索…
直ぐ近くだったので、行ってみる事にしました。
IMG_0048_R.jpg
拝観料も要らなくて、駐車場もタダ… 少し廃れた感がありました。 ちょっと悲しい…

乙訓寺は、お大師様が唐から帰ってきて、真言を流布せよと勅命を受け、高尾山寺(神護寺)に
入りますが、その後、この寺の別当を努めよといわれ努めます。
乙訓=弟の国の意味で、桓武天皇の弟、早良親王が幽閉された寺としても有名です。

長岡京(平安京の前に造営された都)ですが、造営吏 藤原種継が暗殺され、連座して
幽閉されたのですね… 
IMG_0052_R.jpg
本堂です。

IMG_0054_R.jpg
乙訓寺には蜜柑が昔から植えられていて、空海のタニマチである嵯峨天皇にも献上された
とあります。

実はこのお寺にお大師様が居られるときに、最澄がお大師様をおとなったことでも有名で、
ここで、平安仏教の両雄は対面するわけです。
入唐自は、国学僧として入る最澄と私度僧として入る空海大師の差は歴然でしたが、
真言第八祖として帰ってくる空海大師は最早時の人でした。

最澄は下僧とへりくだり、空海に教えを請います。 でも、実践の修行を重視する真言には
筆授をうけようとする最澄とは相容れるものにはならなかったのですね。

たまたま嫁リクエストのお寺の近くに行きたかったお大師様所縁の寺があり、本当に
嬉しかったです。 

後はお大師様が九州から戻ってきた和泉国の槇尾寺 お大師様が大日経の経典を
発見した久米寺にいってみたいと思います。

88カ所巡りを満願してちょっとゆっくりしてたので、ダメですね。 又お遍路に行こうと
思います。

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、
海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋はをに蜘の古巣をはらひて、
やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神(がみ)の物につきて心をくるはせ、

道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。もゝ引の破をつゞり、
笠の緒付かえて、三里に灸するより、松嶋の月先心にかゝりて、
住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、
   
   草の戸も住替(すみかは)る代ぞひなの家
スポンサーサイト

53 円明寺

53番円明寺です。 いよいよここで満願です。 思えば、みくろ窟で行者の方にお遍路を
はじめなさいと言われてから、もう4年… やっと満願です。 そもそもは波乗りの道中と
言う、失礼極まりない遍路だったのですが、去年の初めから嫁が付いてきてくれるので
何とか終えることができました。

P1070633_R.jpg
仁王門です。 

P1070634_R.jpg
本堂です。 本尊様は僕の守護仏であります阿弥陀如来様です。
少し縁を感じます。

P1070635_R.jpg
大師堂です。 いよいよ最後の般若心経を唱えました。

そもそも、悟りの方法として、声聞(聞いて悟る) 縁覚(縁に触れる)とあります。
悟るなんて煩悩まみれの僕にはとんでもない話ですが、四国で波乗りをし、
お遍路さんの白衣に何か神々しさを感じていました。

ふと入った喫茶店で見た小説 大好きな格闘家 須藤元気さんのお遍路の話、
幸福論を読み、文中で紹介されていた司馬遼太郎先生の 空海の風景を読み、
お大師の世界に一気に引き込まれていきました。

その後、尾崎サーフポイントの近くにお大師様の修行の地 みくろ窟で行者様に
触れ、ご縁でお遍路を始められました。 すべてこれ縁覚だなと思います。
その間、お大師様所縁のお寺、東寺、神護寺、高野山金剛峰寺と訪れることができ、
又、槇尾山と乙訓寺はまだですが、行ってみようと思います。

腰の調子が良くなれば、今度は是非 歩き遍路をしてみようと思います。
素晴らしいお遍路の道程でした。 弘法大師様は本当にすごいと思います。
司馬先生が最も愛した小説と言われる、空海の風景… 少しは感じることが出来ました。

南無大師遍照金剛

輸入住宅はスウェーデンホーム   スウェーデンホーム フェイスブック
スウェーデンホームyoutube

52 太山寺

52番 太山寺です。 いよいよ次の53番で乱れ打ちながら満願です。
P1070624_R.jpg
山門です。 仁王門からあるいて結構な距離で、大きなお寺です。

P1070626_R.jpg
本堂です。 本尊は十一面観世音菩薩様です。

開基とされる真野長者、その長者が一夜にして御堂を建てたという縁起は興味深い。
長者は豊後(大分)でふいごの炭焼きをしていたが、神のお告げで久我大臣の娘・王津姫と結婚、
いらい運が開けて大富豪となった。

用明2年(587)、商いのため船で大阪に向かうとき大暴風雨に遭い、
観音さまに無事を祈願したところ、高浜の岸で救われた。
この報恩にと一宇の建立を大願し、豊後の工匠を集めて間口66尺、
奥行き81尺の本堂を建てる木組みを整えて船積みした。

順風をうけて高浜に到着、夜を徹して組み上げ、燦然と朝日が輝くころに本堂は建ち上がった。
いらい「一夜建立の御堂」と伝えられている。 (公式ページより)


P1070630_R.jpg
大師堂です。

いよいよ次で満願です。 早いような長いようなお遍路です。
南無大師遍照金剛

輸入住宅はスウェーデンホーム   スウェーデンホーム フェイスブック
スウェーデンホームyoutube

50 繁多寺

50 繁多寺です。 伊予松山の山の上で、道後は目の前です。
P1070616_R.jpg
山門です。 

P1070617_R.jpg
本堂です。 ご本尊様は薬師如来様です。

P1070618_R.jpg
大師堂です。 

次回は以前に行った石手寺です。

輸入住宅はスウェーデンホーム   スウェーデンホーム フェイスブック
スウェーデンホームyoutube

49 浄土寺

49番 浄土寺です。 いよいよ松山市内で、道後のにぎにぎしい雰囲気です。
P1070613_R_20150427134433925.jpg
山門です。

P1070614_R_20150427134434a39.jpg
本堂です。 ご本尊様は釈迦如来様です。
空也上人所縁の寺だけに阿弥陀如来様かと思いましたが・・・

P1070615_R_2015042713443618c.jpg
大師堂です。

徐々に満願もちかいです。 南無大師遍照金剛
輸入住宅はスウェーデンホーム   スウェーデンホーム フェイスブック
スウェーデンホームyoutube